Trash’s Cloudy Tale~ゴミの雲の物語

trash's cloudy tale

Trash’s Cloudy Tale

Trash's Cloudy Tale1

Cheekoo was the unhappiest girl among her friends.

She was certainly the unhappiest girl in her entire class.

She was perhaps the unhappiest girl in the world.

Trash's Cloudy Tale2

Friends? Cheekoo had no friends anymore.

No one wanted to play with Cheekoo.

Because she had a cloud hanging over her head.

A cloud of TRASH.

Trash's Cloudy Tale3

Orange peels and biscuit packets,

Broken toys and pencil shavings, Twisted plastic bottles and colourful plastic bags,

All surrounded by a swarm of buzzing flies.

Trash's Cloudy Tale4

No one wanted to play with a girl who had a cloud of trash hanging over her.

What if a rotten banana peel fell on your head? YUCK!

Cheekoo couldn’t even play hide-and-seek anymore.

The cloud would always give her away.

Trash's Cloudy Tale5

“Let’s walk to school together,” she said to Sona.

Sona ran off in the opposite direction.

“May I borrow your pencil

sharpener?” she asked

Sweety. Sweety made a face and

changed her seat to go sit with

Asha.

Cheekoo even had to eat her lunch alone.

Cheekoo knew that she should have listened to her Amma. Amma always told her not to litter.

Trash's Cloudy Tale6

“Don’t throw the banana peel on the road!”

“Throw the empty biscuit packet in the dustbin.”

But Cheekoo never listened. She only laughed and kept littering.

Trash's Cloudy Tale7

Then one day, Amma became very angry. “Soon, all this trash will start following you!” she said.

Cheekoo just laughed.

The next morning, Cheekoo woke up to a foul smell and the sound of buzzing flies. The cloud of trash was hanging over her head.

Amma’s words had come true! And then, Cheekoo was unable to laugh.

Trash's Cloudy Tale8
Trash's Cloudy Tale9

Cheekoo tried to run away.

But the trash cloud followed her everywhere.

Cheekoo took a broom to sweep the cloud down.

But the trash could not be swept away.

Trash's Cloudy Tale10

Cheekoo tried EVERYTHING.

She screamed and asked the cloud to leave her alone. She even tried throwing the cloud into the dustbin.

But the cloud of trash just wouldn’t go. So Cheekoo became very unhappy.

Trash's Cloudy Tale11

Then something happened!

Cheekoo saw Bala throwing a banana peel on the road.

Cheekoo was annoyed. Could he not see the cloud over her head?

“Oye silly boy!” she yelled. “Don’t throw the peel on the road. Someone will slip!”

Bala, scared of the trash cloud, threw the peel in the dustbin.

Trash's Cloudy Tale12

The next day, the trash cloud had become smaller! “How did that happen?” Cheekoo wondered.

Then, Cheekoo saw Reema Aunty throwing away plastic bags.

“Aunty!” Cheekoo said. “Please pick up these bags and reuse them.”

Reema Aunty picked up the bags and left.

The next day when Cheekoo woke up, the cloud was much smaller.

Cheekoo smiled. She knew what she had to do.

Trash's Cloudy Tale13

When someone threw away a biscuit packet or pencil shavings, Cheekoo stopped them.

She picked up every twisted plastic bottle and put it in the dustbin.

The village became cleaner and cleaner. And Cheekoo’s cloud became smaller and smaller.

Until one day, it was gone.

COMPLETELY gone.

Cheekoo was now perhaps the happiest girl in the world.

Trash's Cloudy Tale14

Cheekoo never littered again.

Secretly, she liked living in a clean village.

But she was also scared that the trash cloud

would come back, some day.

Who knew!

Trash's Cloudy Tale15

Let’s Talk About Trash

Ever wondered what happens to trash once you throw it away? No, it doesn’t become a cloud on your head. The trash ends up in a big garbage bin near your home.

When you litter, the trash collects by the side of the road. Some of it goes into the drains that carry waste water from your house. This clogs the drains and attracts flies which spread nasty diseases! UGH! Nobody likes living in a dirty environment. Ask Cheekoo.

Here’s how NOT

to make a cloud of trash

  • We can start by not littering our surroundings.
  • Always, always throw waste into a dustbin – look around for the nearest one.
  • After you eat a banana, don’t throw it on the road. Put the peel in a small bag until you find a dustbin.
  • There are many things that you may think are useless, like the paper bag into which you put the peel. But not everything is waste. So don’t throw the bag with the peel! Take it home and reuse it.
  • Cover dustbins so that flies can’t get inside.

ゴミの雲の物語

チークーは友達の中で一番不幸な女の子でした。クラスで一番不幸な女の子でした。たぶん世界で一番不幸な女の子でした。

友達?チークーにはもう友達はいませんでした。誰もチークーとは遊びたがりませんでした。なぜなら、チークーの頭の上には雲がかかっていたからです。ゴミの雲です。

オレンジの皮やビスケットの袋、壊れたおもちゃや鉛筆の削りカス、ねじれたペットボトルや色とりどりのビニール袋、それらすべてにハエの群れがたかっていました。

誰もゴミの雲を頭上にぶら下げている女の子とは遊びたくありませんでした。もし腐ったバナナの皮が頭に落ちてきたら?オエッ!チークーはもう「かくれんぼ」もできませんでした。雲のせいで、いつも居場所がわかってしまうのです。

「一緒に学校へ歩いて行こう」とソナに言いました。ソナは反対方向へ走って行ってしまいました。「鉛筆削りを貸してくれない?」とスウィーティーに尋ねました。スウィーティーは顔をしかめて席を変え、アシャの隣に座ってしまいました。チークーは一人でランチを食べなければなりませんでした。チークーは、お母さんの言うことを聞いていればよかったと思いました。お母さんはいつも、ゴミを捨ててはいけないと言っていました。

「バナナの皮を道に捨ててはいけません!」「空のビスケットの袋はゴミ箱に捨てなさい。」しかし、チークーは決して聞きませんでした。チークーは笑って、ゴミを捨て続けました。

ある日、お母さんはとても怒りました。「すぐに、このゴミが全部あなたにつきまとうようになるわよ!」と言いました。チークーはただ笑いました。次の朝、チークーは悪臭とハエの羽音で目を覚ましました。ゴミの雲が頭上に浮かんでいたのです。お母さんの言葉が現実になったのです!そして、チークーは笑うことができませんでした。

チークーは逃げようとしました。しかし、ゴミの雲はどこまでも彼女についてきました。チークーはほうきを持ってきて、雲を掃き落とそうとしました。しかし、ゴミは掃くことができませんでした。

チークーは何でも試しました。叫んで雲に自分を放っておいてくれと頼みました。ゴミ箱に雲を投げ込もうともしました。しかし、ゴミの雲は消えませんでした。それでチークーはとても不幸になりました。

そんな時、事件が起こりました!チークーはバラがバナナの皮を道に捨てているのを見ました。チークーはいらいらしました。彼はチークーの頭の上の雲が見えないのでしょうか?「ちょっとおバカさん!」とチークーは叫びました。「皮を道に捨てないで。誰かが滑っちゃう!」バラはゴミの雲を怖がって、皮をゴミ箱に捨てました。

次の日、ゴミの雲が小さくなっていました!「どうしてこうなったんだろう?」チークーは不思議に思いました。すると、チークーはリーマおばさんがビニール袋を捨てているのを見ました。「おばさん!」とチークーは言いました。「この袋を拾って、再利用してください。」リーマおばさんは袋を拾って立ち去りました。次の日、チークーが目を覚ますと、雲はずっと小さくなっていました。チークーは微笑みました。チークーは何をすべきか分かりました。

誰かがビスケットの袋や鉛筆の削り屑を捨てると、チークーはそれを止めました。ねじれたペットボトルを拾ってはゴミ箱に入れました。村はどんどんきれいになっていきました。チークーの雲はどんどん小さくなっていきました。そしてある日、雲は消えました。完全に消えてしまいました。チークーは今、おそらく世界で一番幸せな女の子でした。

チークーはもう二度とゴミを捨てませんでした。きれいな村に住むのが、密かに好きでした。でも、いつかゴミの雲が戻ってくるのではないかと、チークーは恐れてもいました。もしかしたらね!

ゴミについて話しましょう

ゴミを捨てた後、どうなるか考えたことはありますか?いいえ、ゴミはあなたの頭の上の雲にはなりません。ゴミは家の近くの大きなゴミ箱に入ります。

ゴミをポイ捨てすると、ゴミは道の脇に集まります。その一部は、家から汚水を運ぶ排水溝に入ります。排水溝が詰まり、ハエが集まって、厄介な病気を広めるのです!うぇー!誰も汚い環境に住みたいとは思わないでしょう?チークーに聞いてみてください。

ゴミの雲を作らないための方法

  • まず、身の回りにゴミを捨てないことから始めましょう。
  • 常に、必ずゴミ箱に捨てましょう。一番近いゴミ箱を探してください。
  • バナナを食べた後は、道に捨てないでください。皮はゴミ箱が見つかるまで小さな袋に入れておきましょう。
  • 皮を入れた紙袋など、役に立たないと思うものがたくさんあるかもしれません。しかし、すべてがゴミというわけではありません。だから、皮と一緒に袋を捨てないでください!家に持ち帰って再利用しましょう。
  • ハエが入らないようにゴミ箱に蓋をしましょう。
タイトルとURLをコピーしました