The Unpleasant Lunch of Samira~サミラの不愉快な昼食

The Unpleasant Lunch of Samira

Samira made a face when she opened her tiffin box and thought, ‘Who wants to eat parathas and brinjal curry? Not I.’

Last week Amma had given her noodles with capsicum and carrots. “The noodles are squiggly and they look like worms,” she said when she went back home.

“I don’t like noodles.”

The next day, Amma made upma with peanuts and peas, but Samira ate only the peanuts in it and took the rest back home.

“It was like wet sand,” she said when

Amma asked her why she hadn’t eaten it.

“Shall I give you idlis?” asked Amma.

“Oh, yes ! They would be lovely to play with. I can toss and catch them. But I will not eat them—idlis taste like mud.” So now there were parathas and brinjal curry. Ugh, ugh, ugh!

Shutting her tiffin box with a bang, Samira went to the school courtyard. A row of ants crawling along the wall said,

“Samira, why aren’t you eating your lunch like all the other children?” Samira said, “I don’t like parathas. I don’t like vegetables. I don’t want any lunch.”

“Of course, one cannot eat vegetables,” the ants agreed. They offered her the wing of a cockroach that they were carefully carrying and said, “Now try this, it is really delicious.”

“Oh no! I don’t want any horrible cockroaches,” said Samira and ran away to the garden.

Colourful flowers were blooming in the garden and butterflies were flitting from one to the other.

An orange butterfly with black checks and stripes said, “Hello Samira! Why aren’t you eating your lunch like all the other children?”

Samira said, “I don’t like parathas. I don’t like vegetables. I don’t want any lunch.”

“Of course, one cannot eat vegetables,” the butterfly agreed.

“Why don’t you drink some nectar from the flowers like us? It is really delicious.”

Samira put her tongue into the centre of a flower but could find nothing!

“I don’t want any nectar. And I think you are fooling me,” she cried. She ran to the big pipal tree in the lawn.

A crow cawing above called, “Hello Samira! Why aren’t you eating your lunch like all the other children?”

Samira said, “I don’t like parathas. I don’t like vegetables. I don’t want any lunch.”

“Of course, one cannot eat vegetables,” the crow agreed, “Here, I’ll give you something nice,” and it dropped a halfeaten mouse for Samira.

“Oh no! What a terrible thing! Keep your mouse for yourself,” screamed Samira and ran away to stand near the wall.

Some sparrows were chirruping on the ledge of the wall and called out, “Hello Samira! Why aren’t you eating your lunch like all the other children?”

Samira said, “I don’t like parathas. I don’t like vegetables. I don’t want any lunch.”

“Of course, one cannot eat vegetables,” the sparrows agreed. “Here are some crunchy grains of barley — they are really nutritious.”

Samira chewed one and made a face.

“This is like eating pebbles. Even upma is better.”

A kind sparrow at once asked her,

“Would you like some soft, juicy worms instead? Just a minute…”

Just before it flew off to get her a worm,

Samira said, “Worms indeed. No, thank you! I would much rather eat noodles,” and ran to the gate of the school.

A cow was lazily chewing cud just outside and mooed when it saw Samira. “Hello!” it called, “Why aren’t you eating your lunch like all the other children?”

Samira said, “I don’t like parathas. I don’t like vegetables, especially brinjals. I don’t want any lunch.”

“Of course, cooked brinjals aren’t nice at all,” the cow agreed. “Let me bite off some of this grass for you — it is particularly sweet after the rains. You should eat it with the hibiscus bush next to you. You are so lucky. I wish I could get inside this gate.”

Samira was disgusted.

She said, “I don’t want to eat any grass. Nor any bushes. Even idlis would taste better than grass. And I am glad the gate is closed because the hibiscus has pretty flowers and I don’t want you to eat them.”

Samira ran back to her classroom and opened her lunch box.

‘How nice my parathas and brinjal curry are,’ she thought and quickly ate them up.

サミラの不愉快な昼食

サミラはお弁当箱を開けると顔をしかめて思いました。「誰がパラタとナスのカレーなんて食べたいんだろう?私はいやだ。」

先週、お母さんはキャベツとにんじん入りのヌードルを持たせてくれました。サミラは家に帰ると、「ヌードルはぐにゃぐにゃしていて、まるで虫みたいだ」と言いました。

「私はヌードルが嫌い。」

翌日、お母さんはピーナッツとグリンピースの入ったアップマを作ってくれましたが、サミラはピーナッツだけを食べて、残りを持ち帰りました。

お母さんがなぜ食べなかったのか尋ねると、サミラは「それはまるで濡れた砂みたいだった」と言いました。

「イドリを持たせましょうか?」とお母さんが聞きました。

「おお、はい!遊ぶのにはいいけど、イドリは泥みたいな味がするから食べたくない。」

それで今度はパラタとナスのカレーが入っていました。いやだ、いやだ、いやだ!

お弁当箱をバタンと閉めて、サミラは学校の中庭へ行きました。壁を這っているアリの列が言いました。

「サミラ、なぜ他の子供たちのようにお昼を食べないの?」

サミラは言いました。「パラタが嫌い。野菜も嫌い。お昼なんていらない。」

「もちろん、野菜なんて食べられないよね」とアリたちは同意しました。彼らは慎重に運んでいたゴキブリの羽を差し出して言いました。「これを食べてみて、本当に美味しいよ。」

「いやだ!ゴキブリなんて嫌い!」とサミラは言い、庭に走って行きました。

庭では色とりどりの花が咲き、蝶々が飛び交っていました。

オレンジ色で黒のチェックとストライプの蝶が言いました。「こんにちは、サミラ!なぜ他の子供たちのようにお昼を食べないの?」

サミラは言いました。「パラタが嫌い。野菜も嫌い。お昼なんていらない。」

「もちろん、野菜なんて食べられないよね」と蝶々は同意しました。「私たちのように花の蜜を飲んでみたら?本当に美味しいよ。」

サミラは花の中心に舌を入れましたが、何も見つかりませんでした!

「蜜なんていらない。からかわれてるんだわ」と叫んで、大きなピーパルの木の下に走って行きました。

上でカーカーと鳴いていたカラスが言いました。「こんにちは、サミラ!なぜ他の子供たちのようにお昼を食べないの?」

サミラは言いました。「パラタが嫌い。野菜も嫌い。お昼なんていらない。」

「もちろん、野菜なんて食べられないよね」とカラスは同意しました。「ここにいいものがあるよ」と言って、半分食べたネズミをサミラのために落としました。

「いやだ!なんてひどいもの!そのネズミは自分で食べて」と叫んで、壁の近くへ走って行きました。

壁の縁でチュンチュンと鳴いていたスズメたちが言いました。「こんにちは、サミラ!なぜ他の子供たちのようにお昼を食べないの?」

サミラは言いました。「パラタが嫌い。野菜も嫌い。お昼なんていらない。」

「もちろん、野菜なんて食べられないよね」とスズメたちは同意しました。「ここに栄養たっぷりの大麦の粒があるよ—本当に栄養価が高いんだ。」

サミラは一粒噛んで顔をしかめました。

「これは石ころを食べているみたい。アップマの方がまだましだ。」

優しいスズメがすぐに尋ねました。「柔らかくてジューシーなミミズが欲しい?ちょっと待ってね…」

サミラは「ミミズなんていやだ。ヌードルの方がまだまし」と言って、学校の門の方へ走って行きました。

外では牛がゆっくり反芻しながらサミラを見てモーと言いました。「こんにちは!」と呼びかけ、「なぜ他の子供たちのようにお昼を食べないの?」

サミラは言いました。「パラタが嫌い。野菜、特にナスは嫌い。お昼なんていらない。」

「もちろん、煮たナスなんて美味しくないよね」と牛は同意しました。「ここで雨の後に特に甘くなった草をかじってみて。隣のハイビスカスの茂みと一緒に食べるといいよ。君は本当に幸運だね。私もこの門の中に入れたらいいのに。」

サミラはうんざりしました。

「草なんて食べたくない。茂みもいやだ。草を食べるなら、イドリの方がまだまし。門が閉まっていてよかった。だってハイビスカスはきれいな花が咲いてるし、食べられたくない。」

サミラは教室に戻って、お弁当箱を開けました。

「パラタとナスのカレーってなんておいしいんだろう」と思い、急いでそれを食べました。

タイトルとURLをコピーしました