食べないで痩せるダイエットは危険


ダイエットするときは、必ず「食べて痩せる」ようにしましょう。

確かに、食べなければ絶対に痩せることができます。

しかし、食べないで痩せるダイエットがどんなに危険で、どんな恐ろしい結果が待っているのか、それを知っておかなければいけません。

食べないダイエットは恐ろしい結果を招く

食べないでダイエットをした結果、「摂食障害」に陥ってしまう方が大変多いのが現状です。

摂食障害には「拒食症(神経性食欲不振症)」と「過食症(神経性過食症)」の2種類があります。

ダイエットによって起こる摂食障害は、まず拒食症ですが、拒食症は、多くの場合やがて過食症に変わっていきます。

拒食症の症状

拒食症になると、とにかくどんな理由をつけてでも食べることを避けるようになります。

そして、実際に痩せたとしても、自分が痩せていることを自覚できなくなり、空腹が苦にならず、むしろ心地よく感じるようになるのです。

過食症の症状

一方過食症はというと、とにかく大量の食べ物を口の中へ詰め込むようにして食べます。

そして、食べ終わったと思ったら、嘔吐したり、下剤や利尿剤を使って食べた物を体の外へ出そうとします。

自分でおかしいと思っても食べることを止められない状態になります。

摂食障害は恐ろしい

過食症になってしまうと、「食べて はいけない」「太りたくない、痩せたい」と思っていても、何かを食べた瞬間に食欲のスイッチが入ってしまい、制御できなくなります。

そして、何かに憑りつかれたように食べられるだけ食べ尽くし、今度は食べた物を体外へ出そうとするのです。

また、食べた満足感を得るためだけに、口に入れたものを飲み込まずにそのまま吐き出すチューニングという行動をすることもありますが、「摂食障害」の一つだと言われています。

実際の摂食障害の症状は、会社で仕事をしている間は職場の人と同じような食べ方をしているのに、帰宅した途端に一気に大量に食べてしまったり、週末だけ過食をしてしまったり、外食をすると食欲が止まらなくなったりというような、いろいろな形で症状が現れます。

食べないで痩せるダイエットは絶対にしない

日本でも海外でも、メディアの発達と共に摂食障害患者の数も増えているそうです。

「単品ダイエット」や「置き換えダイエット」などのような、「食べないで痩せるダイエット方法」やダイエットサプリメントなどに頼ってしまいがちなのも無理はありません。

しかし、食べないで痩せるダイエットに失敗して摂食障害になってしまったケースは数限りがありません。

ダイエットするときは、必ず「食べて痩せる」ようにしなければいけません。

最近の投稿

肥満または太り過ぎの人がダイエットをする理由はたくさんあ...
私たちが自宅でダイエットや健康維持を目的として使うことを...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
今回は、アルインコの3D振動マシン バランスウェーブNE...
腹筋を鍛えるのに、わざわざお金をかけて専用の腹筋トレーニ...
お腹痩せダイエットをするには、有酸素運動と無酸素運動のど...

よく読まれている記事

今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、大変効率の良い有酸素運動ができるトレ...
ローイングマシンを使っていて、「こんなに頑張って運動して...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
ローイングマシンは、有酸素運動を行う上でも大変有効なダイ...
厚生労働省のホームページに次のようなグラフが載っています...
今回は、アルインコの3D振動マシン バランスウェーブNE...

オンラインダイエットのプレズ<Plez>
日本最大級のオンラインフィットネスサービス『LEAN BODY(リーンボディ)』