賢いライフスタイルの選択

賢いライフスタイルの選択

人生は選択のゲームであり、賢く選択しなければなりません。選択肢を選ぶ権利はあっても、その結果を決める権利はないことを忘れてはいけません。

ベストな個人的決断をするために

あなたの人生の質は、あなたの選択の質に依存します。今、あなたが経験していることは、多くの場合、あなたのこれまでの投資の産物なのです。健康的な食事や運動を始めるのに、病気になるまで待つ必要はありません。短期的にも長期的にも自分の健康を守るために、健康的なライフスタイルを送るという文化を持つことを選択することができます。何もしていないように見えても、常に意思決定をしていることに注意してください。優柔不断でも、何もしないことを選んでも、それは選択なのです。

自分の選択には、プラスにもマイナスにもなる結果が伴うので、もっと慎重になるべきです。例えば、何でもかんでも食べればいいというわけではありません。誤った食べ方をしていると、体重が増えたり、健康を害したりします。ある格言は、「You are what you eat(あなたはあなたが食べたものできている)」と言います。この言葉に対するあなたの認識にかかわらず、それは真実から遠いものではありません。

食べ物の選び方や食べ方は、体格や健康状態など、人生のさまざまな部分に影響を与えます。とはいえ、食事の習慣だけがライフスタイルを決めるわけではありません。毎日のワークアウトをするかしないかで、結果が変わってきます。

ライフスタイルの選択

生活習慣の選択とは、病気や怪我のリスクを減らしたり、増やしたりするための行動を、個人的かつ意図的に行うことを指します。あなたはすでにライフスタイルの選択をしているかもしれません。例えば、毎日30分間の散歩をすると決めていれば、それはライフスタイルの選択と言えます。同じように、アルコールを控えようと決めたのなら、それはあなたの健康を促進し、有害な結果を避けるためのライフスタイルの選択です。

飲酒を避ける、あるいは減らすことを決めることで、飲酒運転による交通事故の可能性を減らすことができます。また、肝臓障害のリスクも軽減されます。最終的には、早死にする可能性を減らすことになります。それに、アルコール依存症という汚名を着せられると、精神的にも参ってしまいます。

不健康な生活習慣

これまで述べてきたライフスタイルの選択は、ほとんどがポジティブなものです。しかし、中にはネガティブなものもあります。本人はもちろん、周りの人にも大きなダメージを与える可能性があります。以下は、不健康なライフスタイルの例です。

喫煙

ネガティブなライフスタイルの選択の例として、喫煙があります。喫煙は、肺がんをはじめとするさまざまながんの主要な危険因子です。喫煙は、喫煙者だけでなく、喫煙者の周りの人々にも悪影響を及ぼします。例えば、喫煙者の周りにいる人たちも煙を吸い込んでいます。

たばこを吸っているときと同じようにそのため、同じような、あるいはそれ以上の健康問題に悩まされることになるのです。タバコを吸っている人は、自分だけが危険にさらされているわけではありません。あなたの周りにいる人たちもまた、受動喫煙の危険にさらされています。

薬物乱用

医師の処方や監督を受けずに薬を飲む習慣がある人は、危険なゲームをしていることにもなります。薬物は化学物質です。そのため、摂取すると、知らないうちに体に影響を与えてしまいます。ほとんどの薬には副作用があります。軽いものもあるというだけです。しかし、中には、妊娠合併症から便秘まで、壊滅的な副作用を持つ薬もあります。

薬物の中には、特にヘロインや大麻など、依存症の原因となるものがあります。また、幻覚を引き起こすこともあり、それによって日常業務の遂行に支障をきたすこともあります。ですから、薬物を試してみることは避けるのが得策です。医師をはじめとする医療の専門家は、薬の内容やその効果を理解するための訓練を受けています。ですから、薬を飲む、飲まないを選択する際には、彼らの判断を信頼することがあなたの利益につながります。

有害な習慣から脱却する方法

有害な習慣から脱却するための最良の方法は、それを避けることです。予防は治療に勝ります。いったん習慣になってしまうと、それを止めるのは非常に困難です。習慣があると体が喜ぶのは、体の効率が上がるからです。しかし、間違ったライフスタイルの選択は、壊滅的な結果をもたらします。だからこそ、それを止めなければならないのです。ネガティブな習慣から抜け出すのは難しいことです。とはいえ、それは可能です。

物事を好転させる最善の方法の1つは、正しいものに置き換えることです。例えば、タバコやお酒を吸う代わりに、リラックスしたり、人生の悩みから心を解放したりする別の方法を見つけることができます。例えば、喫煙や飲酒の代わりに、他の方法でリラックスしたり、心を落ち着かせたりすることができます。趣味を持つことで気分が良くなり、大麻のような高揚感を必要としないほど興奮することができます。

マイナスの習慣に代わる良い習慣を戦略的に選びましょう。不健康な習慣から得られるメリットがない活動を選択した場合、その影響は長続きしません。例えば、冷静になるための悪い習慣を、ワクワクするための良い習慣に置き換えることはできません。冷静さを求める気持ちは変わらないので、結局は元の不健康なライフスタイルに戻ってしまうかもしれません。時間をかけて、しっかりとした決断を下すことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました