花粉症の自然療法

花粉症は確かに不便なものです。しかし、花粉症を自然に治療する方法はたくさんあります。これらの自然療法の多くは、あなたの台所の戸棚にあるものかもしれません。処方箋や市販薬を使わずに、これらの自然療法で花粉症をコントロールできるかどうか試してみましょう。

ローカルハニーとビーポーレン

ローカルハニー (自分が住む地域で採れるハチミツ)とビーポーレン(花粉荷)は、昔から花粉症の治療薬として知られています。両者が花粉症対策として優れた効果を発揮するのは、花粉に対する感覚を鈍らせるからです。

ローカルハニー (自分が住む地域で採れるハチミツ)やビーポーレンを選ぶことで、自分が苦手とする地域のアレルゲンに対する免疫力を高めることができるからです。また、ビーポーレンはヒスタミンを減少させるので、アレルゲンが引き起こす炎症反応を抑えることができます。

ケルセチン

このバイオフラボノイドもヒスタミンを減少させるサプリメントです。症状の出やすい季節に毎日摂取することで、症状を大幅に軽減することができます。極度のアレルギーを和らげるために、毎日サプリメントを摂取することができます。また、玉ねぎやりんごなど、ケルセチンを多く含む食品を選ぶことで、食生活に取り入れることもできます。

ビタミンC

ビタミンCには天然の抗炎症作用があるため、花粉症に悩む人には最適な栄養素です。多くの抗ヒスタミン剤に似た性質を持っていますが、副作用はありません。必要に応じてビタミンCを補給したり、ビタミンCを含む食品を多く食べたりするとよいでしょう。ピーマン、ベリー類、芽キャベツ、柑橘類などがお勧めです。

ネトル(西洋イラクサ)

ネトル(西洋イラクサ)もまた、花粉症のコントロールに役立つ天然素材です。アレルギー性鼻炎のほぼすべての症状を改善することが研究で示されています。葉や根、粉末状のものが販売されているので、自分でお茶を作って飲んでみましょう。

食生活の見直し

食生活の改善は、花粉症の方が症状を軽減・解消するための主な方法のひとつです。季節性アレルギーをはじめとするアレルギーは、体に過度のストレスがかかると症状が悪化することが多くあります。

体に負担をかけてしまうのは、苦手なものを食べているときです。アレルゲンとなる食品や粘液を発生させる食品を排除することで、花粉症の症状が完全に改善された人もいます。

自然療法士に相談して、これらの食品を除去することで、花粉症の症状が早く改善される可能性があります。また、花粉症に効果的なビタミンやミネラルを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

生活習慣の見直し

花粉症を悪化させるもうひとつの要因は、生活習慣によるストレスの増大です。花粉症でつらい思いをしている人は、自分の生活習慣を振り返って、ストレスを減らすために何ができるかを考えてみましょう。十分な睡眠、バランスのとれた食事、運動、不要な毒素の排除など、自分のライフスタイルを振り返ってみてください。

花粉症はしつこいですが、あきらめないでください。多くの人が薬に頼らずに花粉症を克服しています。これらの自然療法を単独で、あるいは組み合わせて、花粉症の症状を改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました