花粉症の治療法

花粉症の治療法

花粉症は厄介な症状で、毎年多くの人がこの症状を訴えて医師の診察を受けています。花粉症の治療にはいくつかの選択肢があります。

花粉症と上手に付き合い、症状を最小限に抑えて次のステップに進むために、いくつかの選択肢を知っておきましょう。

鼻腔拡張剤

鼻腔拡張剤は、スプレータイプで、医師から処方されます。腫れを抑え、呼吸を楽にしてくれます。長時間の使用は、鼻の中に炎症を起こす可能性がありますので、この治療薬は時々使用する程度にしておきましょう。鼻腔拡張剤にはさまざまな種類があり、中には抗ヒスタミン剤を含むものもあります。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は、花粉症の原因となるアレルギー反応の主役であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬を服用する際には、予防的に服用するか、必要に応じて服用するかを選択することができます。抗ヒスタミン薬の中には、眠気を引き起こすものがありますので、車の運転を予定している方や、仕事などで注意が必要な方は、この問題に注意してください。

コルチコステロイド

鼻づまりが花粉症の主な症状のひとつである場合、副腎皮質ステロイドが推奨されることがあります。コルチコステロイドは抗炎症作用があるため、鼻づまりやその他の症状の改善に役立ちます。花粉症対策として最も効果的な薬といえます。

免疫療法

免疫療法は、他の治療法で期待した効果が得られない場合の最終手段です。
免疫療法には、舌の下に錠剤を挿入する方法と、皮膚の下に注射する方法の2種類があります。この方法は、投与時に物質に対するアナフィラキシー反応が起こることを想定して、管理された環境で行われるのが一般的です。

免疫療法では、アレルゲンに対する免疫力を高めることで、アレルゲンの影響を受けにくくし、最終的にはアレルゲンによる不快感がなくなるようにします。免疫療法では、1年以内にアレルゲンに対する耐性が改善され、通常は3年間治療を続けてアレルゲンに対する脱感作を行います。

鼻腔洗浄

これは、より一般的な治療法になりつつあります。近所の薬局に行けば、様々な鼻腔洗浄装置がありますので、その中から選ぶことができます。鼻や副鼻腔からアレルゲンを滅菌生理食塩水で洗い流すことで、アレルギー患者に大きな安心感をもたらします。ネティポットやその他のシステムを手に入れて、試してみてください。

自然療法

花粉症には多くの自然療法があります。医師がすべての治療法を処方できるわけではありませんが、多くの治療法は危険な副作用がなく、少なくとも試す価値があると多くの人が感じています。

アレルギー性鼻炎には、ローカルハニー (自分が住む地域で採れるハチミツ)やビーポーレン(花粉荷)のような抗炎症作用のある栄養素、簡単なストレス解消法などが効果的です。


花粉症は気が滅入るものですが、症状を解消したいときには多くの選択肢があります。人の体はそれぞれ違うので、すべての人がそれぞれの方法に個人として反応します。医療従事者と相談して、どの花粉症治療法が自分に合っているかを決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました