脳の鍛え方

脳の鍛え方

食べ物や運動が脳力や脳の健康を高めることを科学的な知見と説明に基づいて検証した後、脳の働きを高めるトレーニング方法を強調して説明することで、このガイドを進めていきます。

そのために役立つのが、以下のヒントです。

記憶力を鍛える

出来事や記憶を呼び起こす能力は、あなたの脳力の重要な一部です。しかし、この能力は、上手に活用することで高めることができます。記憶力を高めるには、受信、分析、記憶する能力を鍛えるような記憶活動を意図的に行えばよいのです。トワイラ・サープ氏は著書『The Creative Habit』の中で、キャストと話し合いたい振付パフォーマンスの最初の12~14個の修正点をメモせずに覚えようとすることで、脳力を高める方法を説明しています。

ほとんどの人は3つ以上覚えられないのですから、これは当たり前のことではありませんよ。彼女と違って、あなたには添削するダンサーがいないかもしれません。でも、プレゼンのフィードバックを求められたり、友人から「この場所のここが面白い」と言われることはあるかもしれません。そのような機会を利用して、記憶力を鍛えましょう。

コーヒーを飲む

一日の始まりにコーヒーを飲む人が多いことにお気づきでしょうか。この朝の儀式は、味覚をそそるものですが、それだけではありません。それは、短期的ではありますが、効果が続いている間は認知機能を高めることができるという利点があります。この効果がある理由は、カフェインが含まれているため脳が覚醒し、より集中力が増すことです。特に単調な作業の繰り返しでは、集中力と注意力が必要とするので、前もってコーヒーを飲むことで、その効果が期待できます。

このような作業は、あなたの理性と反応速度に多くの要求を突きつけるものです。そのため、覚醒度を高めることができる物質を摂取することは、そのような作業を実行する際に、より効果的であることに大いに役立ちます。

あなたの脳がそれにあまりにも依存しないように、この物質を乱用する必要があることに注意してください。必要な時に必要なだけ摂取し、その効果を享受してください。

本を読む

知能指数(IQ)は固定的な尺度ではないことが、研究によって証明されています。つまり、何らかの活動を通じてIQを高めることができるのです。エジンバラ大学の研究者により、教育がIQを高める最も強固で一貫した耐久性のある方法であることが証明されています。別の研究では、学問的な内容に1年触れるごとに、個人のIQが5ポイントずつ上昇することが示されています。

ですから、脳力を高めることが重要なのであれば、本をたくさん読むことを考えるべきでしょう。一般に、本を読むと頭が良くなるのは、他の人が知らないような知識を持つようになるからです。そのため、話をするときに、他の人とは違う見識を提供することができ、他の人から尊敬されるようになるのです。現代社会の成功者の多くは、本を読む文化を持っていることで知られています。この習慣は、あなたをより賢くし、さまざまな状況へのアプローチを賢くするものであることは間違いありません。

異なるアプローチを試みる

何かを特定の方法で行うと、脳はそのための神経経路を作ります。それを何度も繰り返すと、脳はそれに慣れ、その経路を保存するようになります。つまり、いつも同じやり方をしていると、脳は発達しないのです。やり方を変えると、脳は新しい経路を作らなければならなくなり、能力が高まります。アプローチを変えることで、悪い習慣から脱却できるのです。

例えば、仕事でストレスを感じて帰ってくると、必ずアルコールを摂取する習慣がある人は、脳がその神経経路を記録してしまっているのです。そのため、気がつくとやってしまっている、ということがあるはずです。ですから、ストレスがある日は直接家に帰らず、友人の家に行くという選択をすることで、変化をもたらすことができるのです。もちろん、お酒で迎えてくれるような友人であってはいけません。アプローチを変えるだけで、認知能力を高めながら、依存症から脱却することができるのです。

リミットクロスワードパズル

多くの人が認知能力の向上に役立つと想定する活動をしていますが、クロスワードパズルはその一つです。クロスワードパズルは、特に面白いと感じる人にとっては、楽しいものです。流暢さを向上させるのにも役立ちます。ほとんどの人は、このゲームをすることで頭が良くなると思っています。しかし、研究では、この活動は脳を研ぎ澄ますのではなく、脳を緊張させることが証明されています。

さらに悪いことに、脳を鍛えたり、アルツハイマーのような病気を予防したりする効果はあまりないという研究結果も出ているのです。だからといって、ゲームをやめる必要はありません。しかし、現実的な問題を解決する能力にはあまり寄与していないと考えてください。意思決定や問題解決能力を高めるアクティビティをお探しなら、クロスワードパズルはそのリストに入っていないはずです。

いい話をする

ストーリーは、私たちの記憶を定着させ、瞬間を共有し、出来事を解釈することを可能にします。ですから、友人や家族に過去の出来事を語ることで、脳力を高めることができるのです。また、素晴らしい瞬間の息抜きにも効果的です。トラウマになるような出来事の話は、それを乗り越えたという確信がない限り、なるべく避けてください。もし、嫌な経験をジョークにすることができれば、あなたがそこから前進したことを示すことになります。

寝る30分前に電子機器の電源を切る

デジタル機器は、私たちの生活の質を向上させるためのものです。しかし、残念なことに、多くの人々の生活に良い影響を与えるよりも悪い影響を与えています。多くの人がデジタル機器の中毒になり、睡眠の質に影響を与えたり、不安のレベルを高めたりしています。FOMO(Fear of Missing Out)は、ソーシャルメディアへの過剰な露出の結果として発見された精神衛生上の問題の一つです。

スクリーンメディアによる活動は、脳の活動に悪影響を及ぼすことが研究で証明されています。ですから、ゲームやテレビを見るよりも、運動に時間を割き、大切な人と一緒に過ごすとよいでしょう。運動で体を動かすことで、脳は新しい筋肉の動きを覚え、バランスをとる練習をし、距離を推定するようになります。質の高い睡眠を確保するために、寝る30分前までには電子機器やデジタル機器の電源を切るように心がけましょう。

新しいことを学ぶ

スキルアップは、脳力をアップさせる最良の方法の一つです。例えば、新しい楽器の演奏方法を学べば、見たものを自分の行動に移す能力が高まります。この間、脳はいくつもの神経経路を作らなければならないので、脳力アップには良い兆しです。新しい言語を学ぶことも、思考力や表現力が高まるので、同じような効果が期待できます。

ダンスを習うことは、高齢者がアルツハイマー病にかかるリスクを減らすのに役立つという研究結果が出ています。ただ単に新しいことを学ぼうとするのではなく、そのために必要なことを学ぶようにしましょう。途中でやめてしまわないように、自分が面白いと思うことを学ぶように努力しましょう。だから、何を学ぶのがいいのか、よく考えて選んでください。それはまた、あなたが役に立つと思う技術であるべきです。

タイトルとURLをコピーしました