脳の力と脳の健康

脳の力と脳の健康

脳の健康と脳力が本トピックのメインテーマなので、まずはこの2つから探っていくことにします。

多くの類似した概念と同様に、脳力と脳の健康はしばしば同じ意味で使われます。しかし、それらは同じではありません。この記事では、この2つの考え方を説明し、その違いが分かるようにします。また、より深く掘り下げていく際に、自分が何を改善しようとしているのか、具体的に知ることができるようになります。

脳の健康とは?

脳の健康の要点は、人が仕事を含む日常的な活動を行う際に、うまく機能する能力です。これには、質の高い意思決定、問題解決、感情のバランス、他者との上手な関わり合いなどの機能が含まれます。これらの機能はすべて、記憶する能力、理解する能力、新しいことを学ぶ能力、情報を処理する能力、戦略的に考える能力、問題を解決する際に革新的である能力などに基づいています。脳の健康は機能ではないことに注意してください。脳の健康とは、そのような機能を発揮できるような良い状態にあることです。

ですから、不健康な生活や事故など、さまざまな理由で脳が健康でなくなると、その機能を効果的に発揮することができなくなるのです。考えたり、学んだり、想像したり、感じたりするとき、脳ではさまざまな変化が起こっています。また、あなたの習慣も脳の働きの変化につながり、その性能に影響を与えることがあります。ですから、脳の健康に影響を与えないようにすることが、あなたの役割なのです。

世界保健機関(WHO)による脳の健康への取り組み

世界保健機関(WHO)によると、脳の健康は、可塑性、機能、回復をライフコースにわたって包括する、新しく成長しつつある現象です。脳の健康が良好であれば、自身の能力を実現し、感情、心理、行動、認知機能を最大限に発揮して、さまざまな人生の問題に対処することができます。受胎前から人生の終わりまで、脳の健康と脳の発達には、相互に関連したいくつかの生物学的および社会的決定要因が関与しています。これらの決定要因は、脳の発達、反応、様々な状況への適応に関与しています。

ライフコース上の問題を予防し、前進させるための戦略的な方法を提供します。脳の健康状態は、正常な脳の成長と脳機能の障害によって特徴付けられます。ライフコースを通じて現れ、神経学的および神経発達学的な症状として現れることがあります。頭痛、多発性硬化症、パーキンソン病、神経感染症、自閉症スペクトラム、脳血管障害、脳腫瘍、てんかん、脳性麻痺、認知症、外傷、栄養失調による神経障害などが含まれます。

これらの疾患に対する社会的・健康的ケアには、予防、促進、治療、ケアに焦点を当てた包括的な人間中心のアプローチによる多部門・学際的な協力が必要な場合が多い。また、生涯を通したリハビリテーションや、その状態を経験した人、その家族、介護者が積極的に参加することも、必要に応じて含まれます。

ブレインパワーとは?

脳の健康と違い、脳力は脳の機能が全てです。知能や思考力なども含まれます。ですから、私たちが人に憧れるのは、脳の健康ではなく、脳力なのです。素晴らしい脳力を持つ人は、高度な知的活動をこなし、高いパフォーマンスを発揮することができるのです。現代社会では、筋力や体力に頼る時代からどんどん脱却しているため、脳力が低いということはあり得ません。

現代社会で最も成功している人は、筋肉質な人ではなく、脳力を最大限に発揮する方法を知っている人です。最近では、アイデア出し、商談、コピーライティングなど、注意力と集中力を必要とする活動に多く携わっています。現代社会では、自分の最適なレベルでパフォーマンスを発揮しなければならないというプレッシャーが非常に高いのです。もしあなたが成果を出せなければ、多くの人があなたの代わりとして列をなして待っているのです。そのため、認知能力を向上させるためには、計画的に行動することが重要です。

高い脳力があれば、短時間でより多くのことができるようになることが保証されます。確かに、生まれつき超頭脳明晰な人はいる。しかし、そのような人たちと有利に競争するために、できることがあります。科学的には、脳力は測定することができます。BHI(ブレイン・ヘルス・インデックス)という指標を使うことで可能です。BHIは、脳のパフォーマンスを測定するのに役立つ、多面的な科学に基づくスナップショットです。脳のパフォーマンスが向上するタイミングを主観的に察知することができます。しかし、このようなテストは、客観的な方法で脳のパフォーマンスの変化を追跡するのに役立ちます。

脳に関する楽しい事実

この記事の最後に、脳の健康と脳力に関する次の章でのさらなる議論に備え、脳に関する楽しい事実をいくつか取り上げます。以下、脳に関する興味深い事実をいくつかご紹介します。

驚異の血管の長さ

脳には十数万キロメートルもの長さの血管があります。赤道直下の世界一周の距離でさえ、それに及ばないのですから、これは驚くべきことです。同じ距離の道を旅したら、いったい何日かかるでしょうか?

心が迷うのは当たり前

集中力を持続させるために、できる限りのことをすることが重要です。しかし、ときどき頭がぼんやりするのは、必ずしも不摂生な証拠ではありません。研究により、脳のある部分が空想などの活動を制御していることが証明されています。興味深いことに、これらの部位は脳が休息しているときに常に活動しているのです。

考えることは酸素を大量に消費する

酸素は脳の燃料です。考えれば考えるほど消費されます。特に不安なときに真剣に、厳密に考えると、最大で50パーセントも消費してしまうのです。ですから、脳の健康を保つためには、できるだけ不安を断ち切るようにしたほうがいいのです。

サイズは重要ではありません

脳が相対的に大きいと知能が高いと思い込んでいる人がいますが、これは真実ではありません。脳が大きいと頭が良くなるという主張を裏付ける科学的根拠はないのです。

ゼリー状テクスチャー

人間の成人の脳の重さは、平均して約3キロ。興味深いのは、固めのゼリーのような感触があることです。人間の脳を触るとどんな感じがするのか、気になったことはありませんか?そう、これです。

高血液消費量

脳は短時間に多くの活動を行います。そのため、多くの血液を消費するのは当然といえば当然です。実際、心臓の動脈から送り出される血液のうち、最大で4分の1が脳へ送られます。

ウルトラ・コネクテッド

脳は電気回路のように機能しています。体の他の部分が行うすべての動作は、脳内のつながりの産物です。例えば、あなたがある考えを思い出すとき、それは脳内の接続によるものです。

ニューロンの森

脳の10%は1000億以上の神経細胞でできています。これらのニューロンは、100兆個以上のトリガーポイントに分岐しています。これは、専門家が「ニューロンの森」と呼ぶ、神経細胞の広大なつながりを形成しています。

タイトルとURLをコピーしました