脳の健康を支える生活習慣

脳の健康を支える生活習慣

あなたの行動やライフスタイルは中立ではありません。脳の健康や機能を高めるか、悪化させるかのどちらかです。

以下は、脳の健康と脳力を向上させるために身につけたい有益な習慣です。

エクササイズ

運動の重要性はいくら強調してもしきれません。運動が脳の健康と脳力に重要な役割を果たすことを示した科学的研究については、先に検討しました。定期的な運動には、体重を減らす、健康を保つ、筋肉をつける、自分の望む体格にする、などの身体的効果があることは以前から知られています。しかし、科学者たちは、運動が脳の発達にも役立つことを明らかにしました。

ですから、もしあなたが定期的な運動を始める決断を先延ばしにしていたり、一貫性がなかったりしたのなら、今、やる気を出す理由が加わったことになります。身体的に健康で、精神的に健全でない人 は、誰も望んでいません。運動は身体と精神の両方を健康にします。だから、決断を遅らせる口実はないのです。なお、ジムに通う必要はありません。家庭でできる運動でも、同じような効果が得られます。

太陽の光を浴びる

太陽光の過剰な照射による弊害が強調されるあまり、自然の恵みである太陽光の恩恵を忘れてしまいそうです。太陽光を過剰に浴びることが危険であることは間違いありません。しかし、日光の量が少なすぎるのも有害です。十分な日光を浴びないと、脳に十分なビタミンが供給されないので、あまり良いことはありません。

ビタミンDが不足すると、脳の機能を阻害し、老化を早める危険性もあります。

そのため、特に早い時間帯に十分な日光を浴びるようにしましょう。住んでいる地域や時期によって十分な日光を浴びていない場合は、ビタミンDのサプリメントの摂取を検討するとよいでしょう。ただし、副作用に悩まされないよう、適度な摂取を心がける必要があります。

テトリスで遊ぶ

テトリスは、多くの人が楽しみながらプレイしている一般的なゲームです。プレイしている人の多くは知らないが、脳に対していくつかの良い影響がある。研究により、短期間ではあるが灰白質を増加させることが証明されている。この増加の結果、空間的な関連作業を行う際の効率が向上するのです。興味深いことに、トラウマになるような体験をした後にこのゲームをプレイすると、脳がその記憶を定着させないようにすることができるのです。

したがって、テトリスをプレイしている人は、長期にわたってネガティブな記憶が頻繁にフラッシュバックする可能性が低いのです。スマホやタブレットをお持ちの方は、ぜひこのゲームをインストールして、暇な時間に遊んでみてください。驚くほど簡単に遊べます。だから、慣れるまでは問題ないでしょう。ただし、やりすぎは禁物です。コントロールされていないものは、有害な影響をもたらします。だから、プレイするときは自分の時間を守ることをお勧めします。

質の高い睡眠をとる

睡眠の質は、日中の効率を大きく左右します。早寝遅起きの文化にならないようにしましょう。もちろん、キャリアや大切なことにもっと力を注ぐために、睡眠時間を削らなければならない状況もあるかもしれません。しかし、それが当たり前になってはいけません。

睡眠パターンが不規則になると、脳に影響が出ます。脳は習慣やパターンを好みます。なぜなら、その方がよりエネルギーを節約できるからです。ですから、寝起きの時間を一定にすることは、脳の健康と脳力を高めるためにとても有効なのです。規則正しい睡眠パターンであれば、目覚ましはほとんど必要ありませんし、認知機能にもよい兆しがあります。

瞑想

瞑想やマインドフルネスが欧米で人気を集めているのは、その重要性に多くの人が気づき始めているからです。自分の成功に感謝する時間もないような、マイペースな生活を送る余裕はないでしょう。起業家や著名人の中にも瞑想を実践する人が増えていますが、それは瞑想がストレスの軽減に欠かせないからです。調査はまたそれがアルツハイマーまたは痴呆のような老化関連障害の防止で有効であることを証明しました。1 日にちょうど 15 分の黙想の練習できます。

しかし、その影響は、10億円相当の薬やサプリメントで得られる以上のものです。認知機能を長持ちさせ、また、ストレスに圧倒されないようにします。また、この習慣が免疫力を高め、うつ病のリスクを回避するのに役立つことも研究で証明されています。つまり、脳力と脳の健康を高める以外にも、楽しめる利点があるのです。

強いコネクションの構築

キャリアの頂点を極めるために、仕事に十分な時間を作り出すために、多くの人は一人で孤独になりがちです。確かに、目標を達成するためには、あらゆる集中力が必要です。しかし、他人と交流することなく自分の世界にいることが多いと、認知機能にはあまりよくありません。フリーランスやリモートワークが横行する昨今、多くの人が孤独な世界に生きる危険にさらされているのです。

バランスを保つために、できるだけ友人や家族とのつながりを持つように心がけましょう。孤独を感じることが多いと、認知能力や心理的な健康状態の悪化につながります。孤独感は血圧に影響を与え、睡眠の質を低下させ、うつ病の原因となり、さらには全身の健康状態も低下させるからです。

脳のための食事

このリストは、あなたの食習慣に触れなければ、完全なものとはなりません。私たちは、食べるものが身体的、精神的、感情的、そして社会的な健康に影響を与えることを示した科学的研究を探求してきました。世界保健機関(WHO)によると、健康とは「身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気や虚弱でないことではない」と定義されています。つまり、この基準を満たさない限り、「健康」とは言えないということです。

精神的、肉体的、社会的に健康でなければ、一人の人間として成り立ちません。食習慣は、あらゆる分野の健康を確保するために重要な役割を果たします。抗酸化物質やアミノ酸、ビタミンEを摂取し、適度にワインを飲めば、認知機能の向上にも役立ちます。ナッツ類、ブルーベリー、全粒粉、アボカドなども、認知機能に良い影響を与えます。良い脳のない良い身体は何の役にも立ちません。ですから、脳のために食事をしましょう。

ストレスの軽減

ストレスを完全に回避しろというのは、現代社会の性質上、無理な話です。私たちは皆、自分の潜在能力を発揮し、最高の人間にならなければならないというプレッシャーに常にさらされていますが、それは悪いことではありません。しかし、プレッシャーに押しつぶされ、生理機能や認知機能に影響を及ぼし始めると問題です。そこで、緊張をほぐすためのストレスマネジメントのテクニックを活用することが不可欠です。

運動、瞑想、ジャーナリング、マインドフルネス、ヨガなどが挙げられます。食べ物やアルコールを摂取することでストレスを軽減する誘惑に陥らないようにしましょう。そのような時期には、自分が何をしているかを考えることはまずないでしょう。ですから、脳などに悪影響を与える内容を摂取してしまうかもしれません。危険な手段に頼らず、常に意図的にストレスを和らげることを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました