最適な脳の健康とパフォーマンスのための10のスーパーフード

最適な脳の健康とパフォーマンスのための10のスーパーフード

脳に効く10の「スーパーフード」を紹介します

私たちは誰でも、たまに頭がおかしくなることがあります。会話の途中で突然、知っている名前や場所が思い出せなくなったり、言おうとしていたことが思い出せなくなったりして、頭の中が真っ白になってしまうのはよくあることです。ある部屋に入ったとき、何をしに行ったのか、何を取りに行ったのか思い出せない、という経験をあなたもしたことがあるでしょう。 

同じように、精神的な疲労やブレイン・フォグが生じて、物を置き忘れたり、集中できなかったり、イライラしたり、不機嫌になったりすることは誰にでもあります。

このような状況になっても、私たちは通常、それを受け流します。老人になったとか、ラットレースのプレッシャーで脳が焼けてしまったとか、冗談を言います。脳がたまに疲れるのは普通のことで、それが頻繁でなければ、冗談で済ませてもいいのです。

しかし、記憶力の低下、気分の落ち込み、ブレイン・フォグなどが頻繁に起こるようになったら、何かがおかしいのです。特定の症状が繰り返されるようになったら、それは脳の健康状態が悪化していることを示す警告のサインであることを理解する必要があります。

脳の健康状態は、明晰さや目的意識、意思決定、感情表現や他者とのコミュニケーションなど、文字通りあなたのすべての行動に影響を与えます。

したがって、脳の健康を高め、維持することで、最高の機能を発揮することができるようになります。では、脳の健康を高めるには何をすればよいのでしょうか?何十もの複雑なエクササイズや戦略、思い切ったライフスタイルの変更、奇妙なガジェットなどでしょうか?そんなことはありません。

驚くべきことに、それはとても簡単なことなのです。脳の健康と最高のパフォーマンスを手に入れるために、まずは食事から始めてみませんか?

この記事では、脳の健康を増進・維持することで知られる10種類の「スーパーフード」を紹介します。

脳の健康状態が悪いときのサイン

まず、自分の脳の健康度がどの程度なのかを把握することが大切です。自分が思っていた以上に、脳の健康度が高かったり低かったりすることに驚くかもしれません。もし、あなたが脳の健康度が高い方なら、10種類のスーパーフードを食べることで、脳の健康度がさらにアップするでしょう。もし、あなたの脳の健康度が低ければ、スーパーフードを食べることで、脳の重要な機能を高め、最適な脳のパフォーマンスを得ることができます。

ここでは、脳の健康状態が悪い場合によく見られる警告サインを紹介します。

  • 全般的な疲労

これは、エネルギーレベルの低下、元気のなさ、疲労感などを経験するときです。これらは時に、軽い痛みを伴うこともあります。一言で言えば、体が疲れているということは、心が疲れているということです。

  • レジリエンスの低下

困難な状況に対してうまく対応できなかったり、処理するのに時間がかかったり、計画通りに進まなかったりするとすぐにイライラしてしまう。仕事を途中で投げ出したくなることも多く、実際に投げ出してしまうこともあります。

  • 睡眠不足

脳がストレスを感じている最初の兆候は、睡眠パターンの乱れです。眠れない、夜中に何度も目が覚める、不眠などの症状は、脳が正常に機能していない証拠です。 

  • 興味とやる気の欠如

脳の健康状態が悪いと、刺激や興奮を維持することが難しくなります。その結果、人生のさまざまなことに興味が持てなくなります。モチベーションも下がり、生産性にも影響してきます。

  • 食欲に異常をきたす

食べ物を頻繁に欲しがったり、食べ過ぎたりすることも、脳の健康状態の低下に関係しています。脳内に蓄積されたストレスや混乱は、時に圧倒的なものとなります。  そのため、脳の「報酬」領域が、心の中の混乱を食べ物で麻痺させるために、食べることを誘発します。

  • ブレインフォグ

思考が曖昧になり、集中力が低下し、目的のない混乱状態に陥ります。

  • 気分の落ち込み

感情を爆発させたり、イライラしたり、原因不明の気分の落ち込みは、脳が過剰に緊張し、ストレスを受けているため、健全な方法で感情を表現することができないことを示しています。

  • 記憶の欠落

頻繁に物忘れをするということは、脳が疲れていて、情報を適切に処理したり保持したりすることができないということです。記憶障害には、物をどこに置いたか忘れてしまう、名前や出来事を忘れてしまう、指示を覚えていない、などがあります。

  • バーンアウト

これは、通常、午後の早い時間にエネルギークラッシュの形で現れます。体力と頭脳が急激に低下し、1日を終えるのに苦労します。

  • 性欲低下

脳の健康状態が悪いと、一般的な興味ややる気が失われ、その中にはセックスへの興味も含まれます。

  • 不安

過剰なストレスを受けた脳は、心を落ち着かせることができません。そのため、あなたの思考は常に何かに追われています。  これが恐怖、心配、不安を生みます。

  • うつ病

緊張したり、やる気が出なかったり、気分がコロコロ変わったりすると、憂鬱になったり、絶望したり、落胆したりしますが、これらは対処しないと深刻な事態になります。

肝心なことは、このような兆候が多く見られるほど、またその頻度が高いほど、脳には注意とケアが必要です。まずは、スーパーフードを食生活に取り入れることから始めましょう。 

スーパーフードとは?

では、なぜ スーパーフード はスーパーフードと呼ばれるのでしょうか?何が特別なのでしょうか?さらに重要なのは、それらが事実よりも流行しているということでしょうか?ここでは、スーパーフードについての基本的な事実をご紹介します。

  • スーパーフードの名前は、栄養価が非常に高いことに由来しています。
  • ほとんどが植物性ですが、乳製品、卵、魚などは栄養価が高いものもあります。
  • 米国健康協会をはじめとする健康団体は、スーパーフードを炭水化物、タンパク質、野菜、果物といった独立した食品群として正式に分類していません。しかし、だからといって、スーパーフードの健康効果が認められていないわけではありません。
  • 植物性のスーパーフードは、色が濃いものが多く、それだけ栄養価が高いということです。ブルーベリー、ダークチェリー、葉野菜、ナスなどがその例です。野菜や果物の色が濃ければ濃いほど、スーパーフードである可能性が高いといえます。   
  • スーパーフードの多くに共通する特徴は、抗酸化物質が多く含まれていることであり、その結果、がんを抑制する効果があると考えられています。
  • スーパーフードは一つの食品グループに分類されていないため、包括的な研究は不可能です。しかし、特定のスーパーフードに関して行われた多くの研究は、日常的に食べることで健康を促進する効果があることを明確に証明しています。
  • スーパーフードには病気を治す力はありませんが、多くの病気を予防するだけでなく、うつ病や不安神経症、胃腸障害などの症状を緩和する効果が期待できます。
  • 睡眠、免疫、心臓の健康、長寿など、特定の体の機能を高めるスーパーフードがあります。例えば、バナナや乳製品は心を落ち着かせ、より良い睡眠を促します。柑橘類やリンゴ、葉物野菜は免疫力を高めます。ニンニクは天然の防腐剤で、風邪や炎症を抑える効果がある、などなど。そしてもちろん、脳の機能を高め、脳の健康を促進する特定のスーパーフードもあります。

結論から言うと、スーパーフードは奇跡的な健康法ではありません。しかし、豊富な研究結果から、特定の食品を定期的に食べることで、驚くほどの健康上の変化をもたらすことがわかっています。

では、脳の機能を最大限に発揮するために、もっと食べるべき脳に効くスーパーフードをご紹介しましょう。 

もっと食べたい脳に効くスーパーフード10選

以下の10種類のスーパーフードは、様々な方法であなたの脳力を高めてくれます。できれば、さまざまな種類の食品を毎日の食事に取り入れて、脳に栄養を与えてあげてください。 

※:これは当然のことですが、最適な効果を得るためには、健康的でバランスのとれた食事に脳内食品を取り入れることが大切です。せっかく2~3種類の脳に効くスーパーフードを含む健康的な食事をしたのに、砂糖を大量に摂取してすべてを台無しにしてしまっては意味がありません(砂糖は文字通り、脳に毒を与えるようなものです)。糖分は脳に毒を与えているようなものですから、脳に効くスーパーフードが本当に効果を発揮できるように気をつけましょう。

1.緑の葉物野菜

研究によると、葉物野菜は全体的な認知機能を高めるだけでなく、認知疾患や脳の衰えから身を守ることができるそうです。

2018年に行われた研究では、葉物野菜が密集している重要な脳の栄養素が多数特定されました。認知機能を高めるビタミンK、葉酸、ベータカロチン、ルテイン、カエンフェロールなどです。

また、葉物野菜を1回分(生で1カップ、加熱して1/2カップ)摂取した人は、認知機能の改善が見られたとのことです。

葉物野菜をたくさん食べると、脳が若々しくシャープな状態を保ちながら、明晰さ、集中力、学習能力を高めることができます。また、葉物野菜は、長期的な認知機能の健康を維持し、後年の記憶力低下やアルツハイマー病、認知症を予防するのに最適な脳に効くスーパーフードです。

注意すべき点は、色が濃いほど栄養価の高い葉物野菜であるということです。これには次のようなものがあります。

  • ケール
  • ほうれん草
  • コラードグリーン
  • ルッコラ
  • レタス
  • キャベツ
  • ビート菜
  • スイスチャード

脳の健康を促進する食材として、これほど万能なものはありません。蒸してそのまま食べてもいいし、生のままドレッシングをかけてサラダにしてもいい。また、ソースに混ぜたり、魚や鶏肉と一緒に焼いたりできるものも多い。

クールなアドバイス:リーディグリーンスムージーは、脳にスーパーチャージを与えるのに最適です。正直なところ、ほうれん草、ケール、コラード、キャベツはずっと好きな食材ではありませんよね?でも、新鮮なフルーツと一緒にブレンドすれば、気にならなくなりますよ。 

また、1~2種類の葉物野菜をミキサーにかけ、酸味や甘味を出すためにレモンやオレンジの果汁を加えて楽しむこともできます。

スムージーは遊び心があるので、葉物野菜にいろいろな果物や野菜を加えて試してみてください。

2.脂肪の多い魚

脳の健康と心臓の健康、この2つに関連するスーパーフードのトップと言えるでしょう。脂肪の多い魚には、健康的な不飽和脂肪であるオメガ3脂肪酸がたくさん含まれており、食べれば食べるほど健康に良いのです。

脂肪の多い魚は、ベータアミロイドというタンパク質のレベルを下げるという研究結果があります。このタンパク質は、アルツハイマー病患者の脳内で血栓を形成し、血液中の濃度が高いと、アルツハイマー病やその他の認知疾患のリスクとなります。

魚を食生活に取り入れると、すぐにその効果を実感することができます。頭脳明晰、記憶力抜群、集中力アップ、学習定着率の向上など、さまざまな変化が期待できます。

脂ののった魚の中でも特に健康に良いとされているのは

  • 天然マグロ
  • 天然鮭
  • ヘリング
  • イワシ
  • 魚卵
  • サバ
  • アンチョビ

週に2回は魚を食べるのが理想的ですが、魚は種類が多いので好みの魚を選ぶことができます。おまけに、魚は胃にやさしく、低カロリーで、しかもおいしいのです。

注:魚が苦手な方でもご安心ください。魚が苦手な方でも、フィッシュオイルのサプリメントを摂取することで、同じように脳の健康効果を得ることができます。

3.ボーンブロス

ボーンブロスは、「スーパーフード」という言葉が生まれる何世紀も前から知られていた古代の治療法です。祖母や曾祖母が家庭で作っていたものではないでしょうか。しかし、残念なことに、現在ではその効果は見過ごされています。

歴史的には、ボーンブロスは腸の問題を解決するための治療薬として使われていました。健康な脳への最良の道は、健康な腸です。ボーンブロスは、リーキーガットやその他の腸の問題の治療薬として、多くの医師に処方されています。

ボーンブロスには、炎症を抑え、記憶力を向上させるコラーゲンがたっぷり含まれています。また、プロリンやグリシンなどのアミノ酸も多く含まれています。これらのアミノ酸には強力な治癒力があり、免疫系を強化します。免疫力が高ければ、脳の機能も向上します。

ボーンブロスは、家庭でも驚くほど簡単に作ることができます。おすすめの手順をご紹介します。

  • チキンまたはビーフの骨1ポンドを大きなシチュー鍋またはスロークッカーに入れる。
  • 骨が隠れる程度の水を加える。
  • 皮をむいた玉ねぎを丸ごと1個、水に入れると風味が増します。
  • 大さじ1杯のアップルサイダービネガーを加えると、骨から治癒効果のある栄養素を引き出すことができます。
  • 沸騰させた後、水が少なくなって黄金色のスープになるまで煮込み、塩・胡椒で味付けする。

ボーンブロスにレモン汁を数滴たらすと、おいしいスープのできあがりです。また、お好みの野菜を加えれば、ボリューム感のある具だくさんのスープになります。

4.ブルーベリー

食べ物を大きさで判断してはいけません。ブルーベリーは、見た目は小さく取るに足らないものかもしれませんが、栄養面での効果は絶大です。ベリー類はどれも栄養豊富ですが、中でもブルーベリーは脳の健康を促進する効果が高いと言われています。

ブルーベリーには、深い青紫色の色素であるフラボノイドがたくさん含まれています。フラボノイドは、脳の活性化にも重要な役割を果たしています。記憶力を高め、記憶力の低下や脳の老化を防ぎます。ブルーベリーがアンチエイジングに効果的なスーパーフードであることを考えれば、それも不思議ではありません。

ある研究では、ブルーベリーやイチゴを毎日適度に食べている女性は、記憶力低下の発症を2年半減少させることがわかりました。

全体として、ブルーベリーは脳細胞の健康を促進し、集中力を高め、加齢による記憶力や認知力の低下を防ぎます。また、気分のバランスを整え、改善することで、精神的な健康を促進します。

毎日とは言わないまでも、定期的に食べるのに困ることのない美味しい果物です。  生でも、缶詰でも、冷凍でも、どんな食事にもおいしくいただけます。朝のシリアルに一握りの新鮮なブルーベリーを添えると、脳が活性化され、一日中元気に過ごせます。

5.セロリ

この悪名高い「ラビット・フード」はあまり好まれていませんが、これはダイエットや禁断症状を連想させるからでしょう。

しかし、セロリは脳の健康と密接に関係しているので、無視できないスーパーフードのひとつです。

セロリは低カロリーですが(1カップあたり16kcal)、栄養成分は超豊富です。フリーラジカルと戦い、炎症を抑える多糖類や抗酸化物質などです。また、セロリには必須のビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれています。

では、セロリはどのようにして脳の健康を促進するのでしょうか?まず第一に、セロリに含まれる抗酸化物質は、脳内の有害なフリーラジカルと戦い、ブレイン・フォグや記憶力低下の主な原因の1つである酸化ストレスから脳を守ります。

次に、ルテインという別の抗酸化物質が含まれており、脳への血流を増加させ、炎症から脳を守ります。さらに、ルテインは退行性認知疾患から脳を守る効果もあるという研究結果もあります。

2018年に行われた中国の研究では、ルテインが炎症と戦い、健康な脳細胞の再生を促進することで、脳神経細胞を保護することが示唆されています。

セロリに含まれるクロロフィルなどの他の化合物は、脳への血流を改善し、より良い酸素の供給を可能にします。また、別の抗酸化物質が脳の血管にプラークがたまるのを防ぎ、さらに血流を良くして、より多くのエキサイトを促します。

脳の機能を正常に保つためには、日々の集中力や明晰さに加えて、安定した良質な酸素の供給が不可欠です。

最後に、セロリは気分を向上させてバランスをとるので、脳のストレスが少なくなります。

セロリの最もポピュラーな食べ方は、もちろん生のまま、スティック状にカットして、お好みのチーズやヨーグルトのディップと一緒に食べることです。しかし、セロリをできるだけたくさん食べるために、他にもさまざまな方法で食事に取り入れることができます。

セロリは、他の野菜と一緒に炒めたりソテーしたり、詰め物やソースに加えたりしても美味しくいただけます。さらに、低カロリーなので、毎日何らかの形でセロリを食べない理由はありません。

6.お茶・コーヒー

朝のコーヒーや午後の紅茶が欠かせないという方は、ぜひご利用ください。この2つの飲み物を欠かさないようにしましょう。この2つのスーパードリンクを毎日摂取することは、脳にとって非常に良いことなのです。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、脳を活性化させ、精神的なエネルギーを充電するだけではありません。カフェインを摂取することで、脳にいくつかの長期的なメリットがあることが多くの研究で明らかになっています。

2014年にJournal of Nutrition誌に掲載された研究によると、カフェインは脳の機能を向上させることがわかりました。決められた量のカフェインを摂取した参加者は、精神的な適性テストの成績が良く、より強い認知能力を持っていることが分かりました。

別の研究では、ジョンズ・ホプキンス大学の研究者が、カフェインが情報保持能力を強化し、強い記憶を形成することを示唆する証拠を発見しました。

この研究では、一部の参加者にカフェイン錠剤を与え、他の参加者にはプラセボを服用してもらいました。その後、被験者は一連の画像を勉強して記憶するように指示された。カフェインを摂取した参加者は、翌日、記憶した画像をよりよく認識することができました。   

1日1〜2回、香りのよいコーヒーや淹れたての紅茶を楽しむことで、これらのおいしい飲み物の効果を最大限に引き出すことができます。日中は脳をシャープに保ち、長期的には認知機能を高めて維持することができます。

注:何事も「ほどほど」が肝心です。筋金入りのコーヒーや紅茶好きで、一日中何杯も飲む人は、脳の健康に害を及ぼすことになります。

この場合、多ければ良いというものではありません。カフェインが常に脳に流れ込むと、脳が過剰に刺激されて緊張状態が続き、ストレスレベルが上がります。

最終的には、明晰で集中した頭脳ではなく、エネルギーのクラッシュやブレイン・フォグが発生するようになります。1日2杯、多くても3杯までにしておきましょう。

7.ブロッコリー

ブロッコリーは、カリフラワーやホウレンソウと並んで、地球上で最も嫌われている野菜でしょう。ブロッコリーを食べないとデザートはダメよ」という母の最後通告の記憶が蘇ります。しかし、脳に効くスーパーフードとしてのブロッコリーの効果は、無視できないほど素晴らしいものです。

ブロッコリーには、コリンとビタミンKという2つの強力な脳内栄養素が多く含まれています。これらの栄養素は、高い集中力と精神的な明晰さを促進します。実際、週に2〜3回ブロッコリーを食べ始めると、すぐに頭が冴えてきたことに気づくでしょう。意思決定や思考の整理がしやすくなり、注意力も高まるでしょう。

また、ブロッコリーには、免疫力を高めるビタミンCや食物繊維が含まれているので、脳をストレスなく保つことができます。

もしあなたがブロッコリーを好きな稀な人なら、もっと定期的に食べることは苦にならないでしょう。しかし、ブロッコリーがあなたの食物リストの中で嫌われている野菜であれば、好きになることができます。

ネット上には、一晩でブロッコリー好きになれる、食欲をそそる-そう、食欲をそそる-レシピが何百もあります。クリーミーなスープから、ハーブを使った炒め物やサラダまで、ブロッコリーに対する考えを簡単に変えることができるでしょう。        

8.ホールグレイン

体内の他の器官と同様に、脳が機能するためにはエネルギーが必要です。ブドウ糖は、そのエネルギーを作り出すための主な燃料です。

穀物に含まれる炭水化物は、脳や体のエネルギー源となりますが、すべての炭水化物が同じというわけではありません。健康的に脳を充電するには、全粒穀物が最適です。

白パン、白小麦粉、パスタ、白米などの精製された穀物は、グリセミック・インデックスが高いため、脳に悪影響を及ぼします。グリセミック・インデックスとは、特定の食品が血糖値を上昇させる速度を測るための指標です。

精製された穀物はすぐに血糖値を急上昇させ、脳に大きなエネルギーを与えますが、すぐに消えてしまい、脳はさらなるエネルギーを求めてしまいます。このヨーヨー現象は、精神的疲労やブレイン・フォグを引き起こし、正常な脳機能を損ないます。

ホールグレインはまさにその逆です。ホールグレインはグリセミック指数が低いため、脳にゆっくりとエネルギーを供給し、血糖値のバランスを保ち、安定させます。

脳は一日中、シャープで集中力のある状態を保ち、長期的には健康で強い状態を維持します。 

全粒粉の健康上の利点が多くの人に知られるようになり、以前にも増して身近なものになりました。現在、一般的なスーパーマーケットには、パン、小麦粉、パスタ、玄米、そしてマフィンやクラッカーなどの焼き菓子まで、さまざまな全粒粉製品が並んでいます。

脳の健康のためにできることは、全粒粉に切り替えることです。数多くの代替品がある中で、全粒粉への切り替えはとても簡単です。味の違いはごくわずかですが、脳の健康には大きな効果があります。実際、ワイルドライスのように、白米よりもおいしい全粒粉もあります。 

9.ウコン

ウコンは香辛料の一種ですが、スーパーフードの中でもトップレベルの価値を持っています。脳や神経の健康に役立つことから、どのような食事にも最優先で取り入れられるべきものです。

健康な脳細胞や神経細胞は、ストレスや脳への過剰な刺激が続くと、時間の経過とともに劣化し、損傷を受けてしまいます。ウコンは、脳細胞の治癒と再生を助け、脳のバランスを保つのに役立ちます。

ウコンは、東洋文化の中でその健康効果が広く知られており、何世紀にもわたって料理に使われてきました。ターメリックには、天然の抗炎症作用や抗菌作用があり、がん予防にも効果的です。

しかし、ウコンの最も素晴らしい点は、その強力な成分が血液脳関門を通過する能力を持っていることです。これらの栄養素は脳に直接入り、治癒を促進し、認知機能を高めます。

ウコンの脳への影響については、現在も研究が進められています。しかし、これまでの研究では、アルツハイマー病、認知症、記憶喪失などの特定の脳疾患を予防し、さらには治癒することが強く示唆されています。

不安や落ち込みを和らげ、気分のバランスを整える効果があります。  また、ウコンには、傷ついた脳細胞を修復するという驚くべき能力があります。

しかし、ウコンが奇跡のスパイスと呼ばれる最も重要な理由は、脳内の幹細胞の生成を促進し、健康を維持する能力にあります。幹細胞の数が多く、健康であれば、脳の機能は最適に保たれます。  

この香り高いスパイスは、ほとんどの料理に毎日使うことができます。肉、鶏肉、魚などに美味しい味を加えます。米には食欲をそそる色と味を与え、野菜やソースの調味料としても効果的です。

この深みのある黄色のミラクルスパイスの効能を知れば、日常的に摂取したくなるはずです。   

10. クルミ

ナッツ類はすべてスーパーフードと言えますが、クルミは特に強力なブレインフードです。

クルミは健康的な脂肪とタンパク質を多く含んでいますが、記憶力を高めるα-リノレン酸(ALA)というオメガ3脂肪酸も多く含まれています。2014年にUCLAで行われた研究では、クルミを定期的に摂取している参加者は、認知テストのスコアが常に高いことがわかりました。

また、クルミは血圧を下げ、動脈や血管をきれいに保つ働きがあります。これは、脳への血液と酸素の流れが良くなることを意味します。また、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルがたっぷり含まれており、注意力や明晰さを高めてくれます。また、ビタミンEが豊富に含まれているため、アルツハイマー病から身を守ることができます。

毎日一握りのクルミを食べれば、これらの素晴らしい脳への効果をもたらし、脳が健康になり、健康を維持することができます。

おやつとしてそのまま食べたり、サラダやデザートに振りかけたりして、脳に良い食事をするためのパンチを加えてみてはいかがでしょうか。  

脳に効くスーパーフードまとめ

では、スーパーフードは本当に脳の健康を改善できるのでしょうか?その答えは、「イエス」です。この事実は、豊富な科学的データによってしっかりと裏付けられています。ここで紹介したいくつかの研究は、ほんの一例に過ぎません。

この記事で紹介している10種類のスーパーフードを食べるだけで、簡単に疑問を解消することができます。

それらを食生活の一部として定着させ、できる限り頻繁に食べるようにしましょう。スーパーフードの多くはすぐに効果を発揮し、その影響を肌で感じることができます。  スーパーフードは単なる誇大広告ではありません。

今日では、脳の健康に関する認識が高まっています。骨や歯などの臓器と同じように、脳にも特定の栄養素が必要であることがわかってきました。免疫力を高めたり、骨を丈夫にしたりするために特定の食品を食べるように、スーパーフードを食べれば脳も丈夫になります。  

健康のためには、しっかりとした食事が大切です。不健康な食事にスーパーフードを加えて、せっかくの効果を台無しにしてしまわないように気をつけましょう。バランスのとれた食事と定期的な運動を心がけることで、驚くほどの変化が得られるかもしれません。

健康でシャープな脳は、私たちのあらゆる行動に影響を与えます。脳が最高のパフォーマンスを発揮すれば、あなたも最高のパフォーマンスを発揮できるはずです。そのためには、スーパーフードを食生活に取り入れることが大切です。  

食べることで、丈夫で最高のパフォーマンスを発揮する脳を手に入れましょう。脳を若く保つことで、一生若くいられるのです。

タイトルとURLをコピーしました