白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞


今回は、脂肪細胞についての話です。

脂肪細胞というと、「体を太らせる厄介なもの」という印象を持ってしまいますが、実は、脂肪細胞には、「太る脂肪細胞」と「痩せる脂肪細胞」の2種類があります。

少し説明すると、脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があり、白色脂肪細胞は脂肪を溜め込んでいく「太る脂肪細胞」で、褐色脂肪細胞は、逆に脂肪を燃やしてくれる「痩せる脂肪細胞」なのです。

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、脂肪を溜め込む細胞なので、「太る脂肪細胞」とも呼ばれています。

白色脂肪細胞は、全身にありますが、特にお腹やお尻の周り、太もも、二の腕、背中の周りに集中しています。

そうです!

白色脂肪細胞が集中している箇所は、みなさんが正しく「細くしたい!」と思っている部分です。

この白色脂肪細胞の数は、食生活のあり方によって年齢に関係なく増え続け、一度増えてしまうと減ることはないので、リバウンドをするたびに増え続けます。

さらに白色細胞は、数が増えるだけではなく、太れば太るほど大きさも大きくなります。

どのくらい大きくなるのかというと、直径で約5倍、容積では約120倍にもなってしまいます。

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は、「太る脂肪細胞」である白色脂肪細胞が溜まり過ぎないように減らしてくれるありがたい細胞です。

余分な脂肪を燃やしてくれることから、「痩せる脂肪細胞」と呼ばれています。

褐色脂肪細胞は、主に肩甲骨の周りや首の周り、 そして脇の下に存在しています。

余分な脂肪をせっせと燃やす働きをしてくれます。

この褐色脂肪細胞が多いほど、太りにくい体だということができます。

褐色脂肪細胞は、生まれたばかりの赤ちゃんには約100グラムあり、成人する頃には半分以下の約40グラムにまで減ってしまいます。

それからも、徐々に褐色脂肪細胞は減り続けるので、加齢と共に太りやすく痩せにくい体になるわけです。

最近の投稿

楽天市場で販売されているローイングマシンの中で、自宅で使...
肥満または太り過ぎの人がダイエットをする理由はたくさんあ...
amazon.co.jp で販売されているローイングマシ...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
今回は、アルインコの3D振動マシン バランスウェーブNE...
腹筋を鍛えるのに、わざわざお金をかけて専用の腹筋トレーニ...

よく読まれている記事

今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、大変効率の良い有酸素運動ができるトレ...
ローイングマシンを使っていて、「こんなに頑張って運動して...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
ローイングマシンは、有酸素運動を行う上でも大変有効なダイ...
厚生労働省のホームページに次のようなグラフが載っています...
運動不足になりがちな私たちにとって、1日おきにでもトレー...

オンラインダイエットのプレズ<Plez>
日本最大級のオンラインフィットネスサービス『LEAN BODY(リーンボディ)』