水を多く飲むことのメリット

水を多く飲むことのメリット

水を飲むことが不可欠で有益な習慣であることは間違いありません。水を飲むことで、食事の際に喉を詰まらせることがなくなります。しかし、水をたくさん飲むことで得られるメリットは他にもあります。

ここでは、水をたくさん飲むことで得られるその他のメリットをご紹介します。

関節の潤滑

軟骨は、関節や背骨の椎間板に存在する。興味深いことに、軟骨には80%の水分が含まれています。そのため、長期的に脱水状態が続くと、関節の衝撃吸収能力が低下します。これが関節痛の原因のひとつです。人間の体は機械のようなもので、さまざまな部品が特定の動作をしていることは、はるか昔に科学者によって発見されています。

車と同じように、私たちの体も最適な機能を維持するためにはメンテナンスが必要です。水は、エンジンオイルが機械の中で行っているのと同じ役割を果たしています。軟骨に水分を補給することで、関節の潤滑油となります。ですから、関節の痛みを避けるためには、水をたくさん飲むことが大切です。比較的安価で簡単なこの習慣は、後で医者の予約を取る費用を節約することができます。

唾液と粘液の形成

消化のプロセスを助けるためには、唾液が必要です。そのほか、鼻や口、目を潤すことも重要です。これらの体の部分を湿らせておくことの利点は、摩擦や損傷を防ぐことです。水分を多く摂ることは、口の中を清潔に保つことにもつながります。さらに、水を使わずに口を洗うことはできません。

スイーツやキャンディは豪華ですが、虫歯の原因になることもあります。特別な日にもらうものですから、避けて通ることはできません。しかし、歯への影響を抑えることは非常に重要です。虫歯にならないためには、水をたくさん飲むことです。甘い飲み物よりも水を選ぶことも、虫歯予防に役立ちます。

二日酔いの可能性の低減

アルコールの過剰摂取による副作用を挙げればきりがありません。短期的なものから長期的なものまで、様々な悪影響があります。短期的な影響としては、二日酔いがあります。二日酔いとは、アルコールを大量に摂取した後の好ましくない体調のことです。多くの場合、吐き気と頭痛が特徴です。

この現象は、前夜に大量の飲酒をした翌朝に起こることが多い。パーティーでは、アルコール飲料を無糖のソーダ水、氷、レモンと交互に飲むことで回避できます。その場の楽しさに流されて、翌日の恐ろしい結果に気づかないようにしましょう。

体重が減少する

今日、多くの人が体重を減らさなければならないというプレッシャーを感じています。それは、プラスサイズの人に対する微妙な、あるいは明らかなボディシェイミングが蔓延しているからです。しかし、体重を減らすことには、理想的な体格を手に入れる以外にも多くの利点があります。肥満とその悪影響を防ぐことができるのです。だからこそ、正しい理由で減量をすることができるのです。

そうであれば、効果的な方法がたくさんあります。ありがたいことに、無料でできる方法もあります。多くの人が無視している安価で簡単な減量方法の1つは、水を多く摂取することです。食べる前に水を飲むと、すぐに満腹感が得られるため、食事の量を減らすことができます。

運動時のパフォーマンスを高める

スポーツ選手には、水分補給をする文化があります。それは決して無駄なことではありません。水分を摂ることでパフォーマンスが向上するからです。専門家によると、特に激しい運動をしているときは、より多くの水を飲むことでパフォーマンスが向上するそうです。確かに、この提案を確認するには、より多くの研究が必要です。しかし、この主張が真実から遠くないかもしれないという証拠があります。

例えば、ある研究では、特に30分以上の活動では、脱水症状がパフォーマンスを低下させることが分かっています。日中に疲れやすいのは、水を十分に飲んでいないことが原因かもしれません。水分を多く摂ることで、この負のパターンを好転させることができます。

腎臓障害の予防

水は、ミネラルを溶かして体内に取り込みやすくする働きがあります。また、老廃物の排出も助けます。したがって、水は腎臓の機能と維持に不可欠です。腎臓は1日に120〜150リットルの水分をろ過します。そのうちの約1〜2クォートが尿として体外に排出され、残りは血流によって回収されます。水をたくさん飲むことで、尿路感染症のリスクを減らすことができます。

腎臓結石も、水を飲むことで防げる病気のひとつです。これは、1日に必要な量の水を飲まなかったために発症したものです。なお、腎臓結石に対処している人は、しばしば慢性腎臓病にかかりやすい。アメリカ内科学会は2014年に、水分摂取量を増やすことで結石の再発リスクを減らすことができるというガイドラインを発表しています。

ミネラルや栄養素へのアクセス性

サプリメントの摂取や健康的な食事は、体の機能を高めるためのものです。しかし、これらの栄養素やミネラルが必要な器官や組織に行き渡らないと、その目的は果たせません。水分不足は、体が必要とするものを得られない原因の一つです。

水は体の中のミネラルを溶かし、必要な部分に行き渡らせます。体内の約60%は水分です。つまり、水をたくさん飲めば飲むほど、必要な栄養素やミネラルを全身に行き渡らせることができるというわけです。

エアウェイズのサポート

人間の体はインテリジェントなシステムです。健康的な生活を送るためには、このプロセスを理解する必要があります。例えば、水分が不足していると判断した場合、体は今ある水分をどうにかしようと動きます。その方法のひとつが、気道の確保です。

どうやらこの動きは、呼吸がうまくできなくなるので危険なようです。喘息やその他のアレルギーに悩まされている人にとっては、事態が悪化することになります。そのため、気道に影響を与えるような思い切った決断を体がしないように、水を多く摂取する必要があります。

血圧の維持

一番避けたいのは、高血圧や低血圧です。血圧が正常でないと、血液が循環系を適切に流れなくなります。このような状態になると、体に栄養や酸素が行き渡らなくなります。

が活動するのに必要です。また、侵入してきた細菌から体を守るための白血球や抗体も不足します。

臓器に送られた新鮮な血液は、有害な老廃物や代謝産物を拾うのにも役立ちます。水分を十分に摂らないと、血液が濃くなります。そうなると、血圧が上がり、心停止につながる可能性があります。

体温の調節

体が温まると、皮膚の中間層に蓄えられていた水分が汗として皮膚の表面に出てきます。特に運動中は、水分が蒸発することで体が冷えていきます。科学者たちは、体の中の水分が少なすぎると、体は熱の負担に耐えられなくなると考えています。蓄熱量が増え、体温調節が困難になります。

そこで、水を多く飲むことで体を助ける必要があります。水分を多く摂ることで、運動中に熱ストレスが発生した際の身体への負担を軽減することができます。体温調節ができないときは、すぐに医師の診察を受ける必要があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました