水がダイエットに効果的な理由

2018年5月27日ダイエット記事

水がダイエットに効果的な理由


水がダイエットに効果的な役割を担ってくれることをご存じでしょうか?

水は、体内の老廃物を流してくれるだけでなく、体脂肪が燃焼しやすい環境も作ってくれます。

水の浄化作用について

水は、汚れたものを洗い流してくれますが、体内でも同じ仕事をしてくれています。

新陳代謝によって細胞内で生成された老廃物は、血液によって肝臓や腎臓に運ばれて分解解毒され、尿として体外に排出されます。

お皿を洗うとき、たくさんの水を使ったほうが汚れを落としやすいように、体内から老廃物を洗い流すときも十分な水があったほうがいいのです。

老廃物排出とダイエット効果の関係

老廃物をスムースに排出することが、ダイエットにどのように効果があるのかというと、、、

細胞内では、新陳代謝のために老廃物が生成されます。

このとき、水分が十分でないと老廃物の排出に支障をきたすことになり、生成された老廃物がスムーズに体外に排出されずどんどん溜まっていくことになります。

老廃物が溜まることは健康によくないので、体はそれ以上老廃物が溜まらないように、脂肪燃焼を抑え、新陳代謝量を減らすように動き始めます。

新陳代謝量は、代謝全体の7割を占めるのですから、それが抑えられれば当然消費カロリーは減り、脂肪がどんどん蓄えられ、結果太りることになります。

なので、水分をしっかり摂ることは、ダイエットのためにも健康のためにも大変重要なことなのです。

何をどれだけどう飲むか?

では、どんな種類の水をどれだけどう飲めばいいのでしょうか?

飲むことによって摂取すべき水分量は、1日800~1300mlといわれています。その他、食事からも1000ml程度の水分が摂取されます。

何を飲むか?についてですが、おすすめは、やはりミネラルウォーターか緑茶です。

ただし、覚醒作用や利尿作用があるカフェインが含まれる緑茶は飲み過ぎや飲む時間帯に注意しましょう。

飲み方としては、1度に摂取する水分量は200ml程度とし、こまめに1日数回に分けて摂取するようにするのがコツです。

水を飲むと脂肪が燃焼する

ここで大事なのが、「水を飲む」ということです。

つまり、暖かい飲み物ではなく、冷たい(または常温)状態のものを飲むことです。

なぜかというと、冷たい状態で摂取されたものは、体内に入ったとき体温で温められますが、このときに脂肪が燃焼します。

ということで、水を十分に飲むことで老廃物がスムーズに排出され、脂肪が燃焼し、ダイエットに効果がある、ということになります。