日々の生活を充実させるために

日々の生活を充実させるために

失われた1日は、決して取り戻すことのできない贈り物です。だからこそ、一日一日を最後かもしれないと思って楽しむことが大切なのです。一日の質を決めるのは、活動の仕方であることを忘れてはいけません。そのため、一日を最大限に楽しむためには、一日の過ごし方を変える必要があります。

以下に、日々の生活に変化をもたらす秘訣をご紹介します。

意味や効果を重視する

何かの作業をするときにやる気が出ない理由の一つは、その作業のメリットをどこかで忘れてしまうことです。確かに、洗濯やモップがけ、庭の草刈りなど、肉体的にきつい作業もあります。しかし、それは決して無意味なことではありません。自分の健康や家の外観を保つために重要なことだからこそ、私たちはそれらを実行するのです。草が生い茂り、床がほこりだらけで、服が臭う家には誰も入りたくありません。それに、訪問者に汚い人だと思われたくないでしょう。

だからこそ、活動の目的をモチベーションにして、不平不満を抱かずにやり遂げるべきなのです。先延ばしにしてしまう理由の一つは、タスクの本質から目を離してしまっていることです。服にアイロンをかけているときに、どれだけきれいに整頓されているかを思い出してみてください。それと同じように、自分が掃除をしたときの満足感や、お客様からの評判を考えてみてください。確かにやっているときは疲れますが、終わったときには今までのストレスをすべて忘れることができます。

生活を楽しくする

毎日の生活の中で、やる気が出るような画期的な方法を考えてみましょう。例えば、テレビのリモコンを使う、歯を磨く、物を持ち上げるなどの作業は、利き手ではない方の手を使うことで、より難易度の高いものにすることができます。新着メールのチェックも、より効果的な方法を探さなければ、重要なタスクであるにもかかわらず、退屈なルーチンワークになってしまいます。Gmailアカウントのフィルターを利用すれば、メールに優先順位をつけることができます。また、出勤や帰宅の際には、新しいルートを使ってみるのもいいでしょう。

あなたの心は、いつもと違う方法で何かをすることに喜びを感じます。例えば、ベッドメイキングにどれくらい時間がかかるかチェックしてみるとか。例えば、ベッドメイキングにどれくらいの時間がかかるかをチェックして、次はその時間を更新するというチャレンジをしてみましょう。そして、次はその時間に勝てるようにチャレンジするのです。この方法は、他の活動にも応用できます。私たちは皆、挑戦や競争が大好きです。なぜなら、挑戦や競争は私たちをより一生懸命にさせてくれるからです。

をより効率的に行うことができます。競う相手がいなくても、個人的な課題を設定することで、スピードアップを図ることができます。

中心に身を置く

細部にまで気を配ることで、アクティビティは新たな表情を見せてくれます。例えば、一口一口の味を確かめながら、ゆっくりと食事をすることで、食事をより楽しむことができます。自分が作った料理なら、その過程や自分の料理の腕がどのようにしてあの魔法を生み出したのかを考える。レストランであれば、料理人の技術に感謝し、彼らが食事を作るために費やしたエネルギーを想像してみてください。そうすれば、ただ目的のために食事をしているときとは違った感覚が得られるはずです。

また、その場にいるときのルーティンを最大限に活用することもできます。映画を見ているときに新聞を読んではいけません。一度に一つの作業を選び、それが終わるまで集中する。人と話すときは、相手の許可を得ずに携帯電話を使わないようにしましょう。人間の心は、一度に複数の作業に集中するようにはできていません。同時に複数のことをしようとすると、ストレスが溜まります。結局、どの活動もベストな状態ではないということになります。

強度の最適化

自分自身を発見していないのに、人生を最大限に楽しむことはできません。自分の長所と短所を知っておくべきです。得意なことを見極めると、それが楽しくなってきます。自分が苦手とすることは、人に任せましょう。庭の草刈りがあなたの1週間や1日を台無しにするとしても、誰かにお金を払ってやってもらう余裕があるなら、やってみてはいかがでしょうか。それはあなたを怠け者にするものではありません。あなたは、より生産的なことにエネルギーを集中させるだけの賢さを持っているのです。

自分が楽にできることを発見していないと、効率性に悩むことになります。ただし、苦労しているからといって、その仕事に向いていないというわけではありません。もっとうまくやるためには、トレーニングや指導が必要かもしれません。ですから、効率を上げるための研究を怠らないでください。何かをするのが上手になれば、それをするのがもっと楽しくなるでしょう。先延ばしにするのをやめて、制限時間内に多くのことをするようになります。そうしないと、やるべきことをやらない理由を10個くらい作ってしまうことになります。

未来を考える

白昼夢は、自分にとってストレスになりそうな作業をするときにも有効です。例えば、洗車をしているとき、特に週末は、次の日のデートのことを考えて気分を明るくすることができます。

週末になると話す内容や服装を考える。気がつけば、その作業は終了しているのです。この方法は、自分がやっていることが考えなければならないことであれば、逆効果になることもあります。例えば、メールを読むときなどにはお勧めできません。しかし、認知能力よりも気力や体力を必要とする活動を行うには素晴らしい方法です。

また、美しい景色に気を取られて、作業を中断してしまわないようにすることも大切です。もしも、美しい景色に気を取られて、その景色に集中できなくなってしまうようであれば、別の方法を考える必要があります。音楽を聴きながら作業をするのもいいでしょう。これはワークアウトをするときに有効です。お気に入りの曲を集めたプレイリストを作り、それを流しながら汗を流す。

ピーク時のエネルギーを活用する

すべての活動を朝や夜に行うべきではありません。他の人のスケジュールを真似してはいけません。なぜなら、他の人がうまくいっていることが、あなたにもうまくいくとは限らないからです。自分のエネルギーのピークを知るためには、自分の体を理解する必要があります。自分のエネルギーのピークは、1日のうちで最も元気で注意力がある時間帯です。人によっては朝、人によっては夕方がピークになります。自分を発見したら、活動のスケジュールを変更する必要があります。

より多くのエネルギーを必要とし、より高いレベルの注意力を必要とする活動は、エネルギーのピーク時に行います。負担の少ないものは他の時間帯に回します。こうすることで、ストレスの多い作業も少ない作業も、十分なエネルギーを蓄えることができます。そうすれば、一日の終わりに「もっとこうすればよかった」と思うこともなくなります。また、今日できることを次の日に延ばすこともなくなります。

タイトルとURLをコピーしました