子供のビタミン摂取について

子供のビタミン摂取について

子供を持つ親にとって、子供にビタミンを摂取させるべきかどうかについては考えておく必要があることのひとつです。

この記事では、子供のビタミン摂取について、危険や問題になることがあるかどうか掘り下げています。

子どもはビタミンを摂ったほうがいい?

長年にわたり、子供にビタミンを摂取させるべきかどうか、多くの論争がありました。必要なビタミンは、栄養バランスのとれた適切な食事で摂取すればよいという意見もあります。しかし、忙しい現代社会では、必ずしもそうとは言えません。

多くの食品に含まれるビタミンは、加工や冷凍、調理によって、その栄養価の多くが損なわれています。ビタミンはすべての人の健康に重要ですが、成長期の子供には特に重要です。

子供のビタミン摂取に危険はないか?

子供にビタミンを与えることの危険性はほとんどありません。最大の危険は、実はビタミンの誤った管理から来るものなのです。適量であれば体にかなり良いのですが、特に子供の場合、ビタミンの推奨摂取量を超えることは決して良いことではありません。

キャンディーのような色やアニメのキャラクターの形をした子供用のチュアブルビタミンはいろいろありますが、それらを入れたボトルを子供の手の届かないところにしっかり保管することが大切です。子供たちは、毎日飲むマルチビタミンをキャンディだと思い、特にママが知らないうちにボトルからこっそり取り出せるなら、何個も飲みたがります。ビタミンの過剰摂取は、膨大な種類の健康障害やその他の症状を引き起こすだけでなく、重要な臓器に長期的なダメージを与える可能性があります。

ほとんどのビタミン剤で過剰摂取はほとんどなく、ボトルの指示に従うだけで避けることができます。医学的に必要な理由で医師から指示された場合を除き、摂取するビタミンの量を推奨量以上に増やすことは決して良いことではありません。逆に、必要なビタミンを十分に摂取できないまま成長してしまう危険性もあります。

もし子どもがビタミンを過剰摂取したら?

ビタミンを過剰摂取した場合、子どもにはさまざまな症状が現れます。これらの症状には、胃痛、吐き気、下痢、頭痛、めまいなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。さらに深刻なケースでは、鉄中毒、胃の出血、心臓障害などが見られることがあります。

過剰摂取の事故が起きたら、すぐに医療機関を受診することが大切です。しかし、最も良い方法は、過剰摂取を完全に避けることです。簡単な予防策としては、子供や高齢者の手の届かないところにビタミンを保管することです。投与量を監視するために、毎日家族にビタミンを投与することができます。昔から言われているように、予防のオンスは治療のポンドの価値があります。

ビタミンは子どもにどんな影響を与えるのか?

ビタミンは、子どもたちにさまざまな効果をもたらします。  肉体的には、ビタミンは子どもたちが適切に成長し、発達することを可能にします。ビタミンの適切なバランスは、骨と筋肉を丈夫にし、視力、協調性、運動能力を向上させることができるのです。

また、ビタミンは子どもの学習能力にも大きく影響します。ビタミンは脳の発達に不可欠で、知識を取り込み、理解し、処理し、保存する能力に寄与します。また、ビタミンの適切なバランスは、子供の集中力を高めることが分かっています。子どもたちは1日7時間学校で過ごし、家に帰るとかなりの時間を宿題に費やすため、ビタミンは子どもたちが課題に取り組む上で非常に重要なのです。

ビタミンの長期的な効果

小さい頃に必要なビタミンをすべて摂取し、大人になってもその習慣を続けた人には、満足のいく長期的な効果がたくさんあります。適切なバランスのビタミンを摂取して育った成人は、視力が良くなり、記憶力が鋭くなり、アルツハイマー病、骨や関節の問題、骨粗しょう症になる確率が減少します。

子供にどのようなビタミン剤を与えればよいのか

今日、様々なビタミン剤が販売されていますが、子供にどのようなビタミン剤を与えればよいのか、判断に迷うことがあります。以下に、平均的な子供に必要なものを総合的に紹介しますが、個々の子供の具体的なニーズについては、常に医師に相談するのが一番です。

個別ビタミンまたはマルチビタミン

個々のビタミンは、体内の特定の栄養素の枯渇を回復するための素晴らしい方法ですが、平均的な子供は、個々のビタミンが提供できるよりも、よりバランスのとれた量のビタミンを必要としています。子供に必要なビタミンを摂取させるためには、毎日膨大な数の個別ビタミンを摂取させる必要があります。

マルチビタミンなら、1回の服用で必要なものをバランスよく摂取することができます。マルチビタミンのもう一つの利点は、子供向けに特別に開発されたブランドが数多くあることです。個々のビタミンは、一般的に子供に適した用量で作られておらず、特定の種類のビタミンを過剰摂取する可能性が高くなります。

どのようなブランドが良いのか?

現在、子供用ビタミンを作っている会社はたくさんあります。中には、他より優れたものもあります。しかし、多くの医師は、何が本当に子供にとって最も健康的で最良のタイプであるかについて意見が分かれています。ビタミンを購入する前に、容器の裏側に記載されている成分と子供の推奨摂取量を必ず比較してください。また、お子さまのニーズに合わせて、どのようなブランドが良いのか、お医者さまにお気軽にご相談ください。

美味しくないビタミンは飲めない!というお子さんも多いと思います。このようなことから、多くの医師は、子供が飲んでもかまわないようなビタミンを与えるのがベストだと考えています。多くのビタミン剤は、アニメのキャラクターの形をした子供向けの外観を備えています。あなたの子供が毎朝戦いなしで取るでしょう子供用ビタミンのブランドを選ぶための鍵であることを見つける。

子どもにビタミンを摂取するよう促す

子どもたちに日常的にビタミンを摂取するよう促すことが重要です。毎日の朝食にビタミンを加えるのも、適切な摂取を促す一つの方法です。ビタミンの摂取を嫌がる子供には、ご褒美システム付きのチャートを使って、やる気を起こさせるのもよい方法です。壁掛けの表を作り、毎日ビタミン剤を飲んだらシールを貼らせるようにします。ビタミン剤を飲み続けた週の終わりには、一晩皿洗いをサボるとか、小さなアクセサリーをプレゼントするなど、ご褒美を与えてあげましょう。

また、子どもたちが大きくなってもビタミンを摂り続けることができるように、健康にとってビタミンがいかに重要であるかという感覚を植え付けることも重要です。  学校の保健体育では、バランスのとれた食生活の重要性について、子どもたちに素晴らしい教育を行っていることがよくあります。しかし、だからといって、家庭でも気をつけなければならないことがあります。しかし、これは家庭の責任です!子供が就学する前から、ビタミンの重要性をさらに強調してください。自分もビタミンを摂取して、子供たちの良い見本となるようにしましょう。  子どもは好奇心の強い生き物ですから、「こうすればいいんだよ」という理由よりも、「こうすればいいんだよ」という理由のほうが効果的な場合もあります。

子どもは何歳からビタミンを摂取すればいいのか?

母乳で育つ赤ちゃんは、母乳を通して必要なビタミンをたくさん摂取しています。そのため、母乳育児をしているお母さんは、ご自身の健康維持に加えて、十分な量のビタミンを摂取するように心がけてください。また、母乳育児をしているお母さんは、赤ちゃんに必要な1日のビタミンは大人とは異なることを覚えておくことが大切です。乳児に与えるビタミンの量が多すぎないように、授乳中に摂取してはいけない食品やビタミン補助食品があるかどうか、かかりつけの医師に尋ねてみましょう。  すべてのビタミンが母親から母乳に移行するわけではないので、必要なビタミンの残りは外部からの摂取が必要です。子供用のビタミンのほとんどは噛んで食べるものなので、ビタミンは幼児期から摂り始めるとよいでしょう。この年齢までは、子供の食物源から必要なビタミンを摂取させることが2倍重要です。

子供たちが必要な栄養をすべて摂取できるように、どのような食事をすればよいのか、医師に聞いてみましょう。粉ミルクを与えている赤ちゃんには、ビタミンを豊富に含むタイプの粉ミルクが必要です。医師は、赤ちゃんのニーズに合った良い粉ミルクを推薦することができます。これは、子どもによって多少異なります。牛乳アレルギーの赤ちゃんが大豆の粉ミルクを与えている場合、粉ミルクに含まれていないビタミンを追加で必要とすることがあります。

子供には避けた方が良いビタミンとは?

特定の健康上の問題がない限り、子供に与えてはいけないビタミンはありません。子供用のマルチビタミンは、子供が健康に成長するために必要な栄養素が含まれているように設計されています。ただし、特定の疾患を持つお子様には、摂取を控えた方がよいビタミンもあります。お子様が何らかの健康上の問題を抱えている場合は、ビタミン剤を与える前に、医師に相談することが重要です。ビタミンは薬との相互作用もありますので、もしお子さんが病気で何らかの薬を処方されている場合は、薬を投与している間はマルチビタミンを控えた方がよいかどうか、処方した医師に尋ねてみてください。お子様が毎日どのようなビタミンを摂取しているか、必ず主治医に確認するようにしましょう。

偏食が気になる保護者の中には、ビタミン剤でも十分な栄養が摂れていないのではないかと心配し、偏食の子にビタミンを追加で与えたり、特に食生活が乱れた週にビタミンを倍量摂取させることは良いことなのか、と考えている方もいらっしゃいます。子供用のマルチビタミンは、子供が必要とする量に正確に処方されているので、そのようなことは絶対にありません。たとえ食生活が乱れていても、医師の指示がない限り、ビタミンを追加摂取させるのはよくありません。

タイトルとURLをコピーしました