女性に必要なビタミン

女性に必要なビタミン

子供や高齢者、男性と同じように、女性もビタミンの摂取に特別なニーズがあります。健康維持のためだけでなく、月経周期のバランスを整えるためにも、ビタミンを摂取することが必要なのです。

ビタミンやハーブのサプリメントが、月経前症候群の緩和や性欲増進、妊娠の手助けなど、女性の生殖器系にどれほど大きな効果をもたらすか、多くの人は驚かれることでしょう。

この記事では、女性に必要なビタミンについて掘り下げています。

女性が特に必要とするビタミン

女性も男性と同じように1日に多くのビタミンを必要とします。特に女性に必要なビタミンは4種類、ミネラルは2種類です。ビタミンE、ビタミンK、マグネシウムの3つは、女性に特に必要とされるビタミン類です。この3つのビタミンに加え、授乳中の女性は毎日亜鉛を摂ることも大切です。  カルシウムと鉄は、女性にとって非常に重要なミネラルで、こちらも毎日忘れずに摂取したいものです。

女性のためのマルチビタミン

毎日、個別にビタミンを摂取しようとする女性もいれば、1錠の簡単な服用で1日の必要量を摂取したいと考える女性もいます。このような女性には、女性専用のビタミン剤がおすすめです。  また、処方箋や市販のビタミンを勧められるかどうか、医師に相談してみるのもよいでしょう。

妊娠を希望する女性、妊娠中の女性、授乳中の女性には、妊婦用ビタミンの摂取が推奨され、また推奨されています。これらは、処方箋でも市販でも入手可能です。処方されたビタミンは、しばしば保険でカバーされるという付加価値がついてきます。妊婦用ビタミンは、赤ちゃんが健康に成長するために重要な役割を果たします。例えば、二分脊椎は、妊娠中の母親が十分な葉酸を摂取していないために起こる、生涯続く悲惨な障がいです。

あるブランドのビタミン剤が他のものより優れていると思うのは、単にコストが高いからというだけで、必ずしもそうとは限りません。マルチビタミン剤にはどんな種類のビタミンやミネラルが含まれているかを常に念頭に置き、ボトルに記載されている成分と比較することを忘れないでください。特に、ボトルに記載されている各ビタミンやミネラルの量に注目し、1日の推奨摂取量と比較してみてください。

性欲を高めるビタミン

女性が性欲を高めるために摂取できるビタミンやハーブのサプリメントがたくさんあります。媚薬は、ハーブ、ビタミン、およびミネラルの形で、自然の中で非常に容易に発見されています。これらのサプリメントの膨大な量は、女性が寝室で持っている可能性のあるほとんどの問題をカバーすることができるはずです。女性の性欲を処理するための薬は周りにあり、利用可能ですが、それらは男性のバージョンほどよく研究されていません。多くの点で、女性は欲望、またはその欠如に対処するための自然な方法を見つける方が良いです。

  • ビタミンAは、女性のリビドーとの関連でよく使われます。このビタミンはエストロゲンの生成に貢献するため、女性の性欲を少し高めるのに役立ちます。ビタミンAを毎日摂取することで、女性の性欲は本当に高まると言われています。
  • ビタミンBは、ホルモンの一種で、ビタミンとは言い難いのですが、覚醒度を高めるという作用があります。これは、ビタミンAが神経系に作用することで、触覚やその他の感覚をより敏感にするためです。
  • ビタミンCは、性欲を高めたい女性や妊娠力を高めたい女性に最適です。  また、ビタミンCは女性が病気になる可能性を低下させ、健康な女性は性欲が充実している可能性が高くなります。
  • L-アルギニンは、女性やそのパートナーの性欲に大きな影響を与えるアミノ酸です。L-アルギニンのサプリメントは、女性にとって処方薬と同等の効果が期待でき、世界中で広く推奨されています。

女性のためのハーブサプリメント

生殖器系の健康という点で、男女を問わず有益なハーブがあります。  ほとんどが男女ともに有益なものです。女性に良い影響を与えるハーブのサプリメントには、高麗人参、フォーチ、ダミアナ、トンカットアリ、マカなどがあります。

  • 高麗人参は、天然の媚薬として機能し、実際、市場で最も売れているハーブの1つです。このハーブはまた、増加した脳の機能と集中力を与えると信じられている。高麗人参は非常に安全で効果的ですが、もちろん、その推奨される用量の範囲内でのみ服用する必要があります。
  • Fo-tiは、何世紀にもわたって女性の性欲を高めるために使用されてきた中国のハーブです。このサプリメントは男性にも使用されていますが、パートナーよりも女性に深い効果があるようです。
  • ダミアナもまた、媚薬として素晴らしい効果を発揮することで知られるハーブのひとつです。この植物は、この非常に目的のためにメキシコで長年使用されているし、近年では、同じ理由で他の国にその方法を作った。
  • トンカットアリは、男女ともに性欲を高めることで知られるハーブです。このハーブはマレーシアの国から来たもので、その地方では実は処方薬よりも人気があります
  • マカの歴史は、古代文明にさかのぼります。体力増強や性欲増進に効果があるとされています。マカは長年にわたり、個人の性欲を自然に高める方法として摂取されてきました。

女性が避けるべきハーブ

特に、授乳中や妊娠中、あるいは妊娠の可能性がある女性が摂取すると健康に良くないハーブがあります。ハーブは自然なものですが、すべてが健康的というわけではなく、中にはかなり有害なものもあります。ハーブやサプリメントを摂取する前に、それがあなたの健康に最も良い影響を与えることを確認するために、徹底的に調べることが重要です。

女性が絶対に避けるべきハーブは、ブラックコホシュ、ブルーコホシュ、ペニーロイヤル、ジンジャー、ドンクアイ、リコリス(そう、女性にはキャンディーも含まれます!)、フェヌグリークなどです。これらのハーブサプリメントには、女性の体、特に妊婦の体に壊滅的な影響を与えるさまざまな副作用があります。

  • ブラックコホシュは、経験豊富なハーバリスト、医師、助産師の指示のもと、妊娠後期の収縮と陣痛を促すために使用されることがあります。これより前に摂取した場合、その量に関わらず、流産を引き起こす可能性があります。
  • ブルーコホシュは、その兄弟ハーブと同様に、早期陣痛や流産につながる可能性のある収縮を引き起こす恐れがあるため、妊娠中は決して量を摂取してはならないことになっています。
  • ペニーロイヤルは、妊婦に出血を引き起こし、死に至らしめる可能性のあるハーブです。コホシュのように子宮収縮を引き起こすこともあり、実際、歴史上では女性を中絶させるために大量に投与されたことさえあります。
  • 生姜は、吐き気やインフルエンザの症状を緩和するのに最適なハーブですが、妊娠中は薬と同じように胎児に先天性異常が起こる可能性があります。生姜は妊娠中も妊娠中も避けた方が良いでしょう。
  • ドンクアイもまた、早期の子宮収縮や先天性異常を引き起こす可能性があるため、妊娠前だけでなく妊娠中も避けるべき薬草とされています。
  • 甘草とその黒い甘み(赤い種類には実際の甘草は含まれていません)は、妊娠を希望する人にとって非常に悪化させる可能性があります。甘草は妊娠の可能性を低下させ、また血圧を上昇させます。
  • フェヌグリークは、上記のハーブと同列に扱われます。このハーブも妊娠中に子宮収縮を起こし、流産につながりやすいので、妊婦の方は厳に慎むべきでしょう。

女性が避けるべきサプリメント

女性が摂取を控えるべきサプリメントは、ハーブだけではありません。妊娠前や妊娠中、授乳中だけ避ければよいサプリメントもあれば、常に避けた方がよいサプリメントもあります。女性が避けるべき一般的なサプリメントには、ビタミンA、ビタミンD、アルファルファなどがありますが、これらに限定されるものではありません。

  • ビタミンAは、健康に重要な栄養素ですが、妊婦が毎日10,000IU以上摂取すると、先天性異常の発生率や可能性が著しく高くなる可能性があります。妊娠中または授乳中の方で、1日のビタミンA摂取量が10,000IUを超えていると思われる場合は、医師にご相談ください。
  • 同じ理由で、ビタミンDは毎日400〜1,000IUのガイドラインから外れないようにする必要があります。400IUより少ないと妊娠中の母親が不健康になる可能性がありますが、1日1,000IUを超えると先天性異常の原因となる可能性が生まれます。
  • 現在、避妊薬、血液希釈剤、アスピリン、ワーファリン、ヘパリン、カリウムを服用している女性は、アルファルファサプリメントを服用しないでください。アルファルファと上記の物質が組み合わさった場合のリスクと合併症は、ひどい出血を含め、かなり深刻なものになる可能性があります。また、アルファルファを摂取した場合、避妊具の効き目が弱くなり、妊娠の危険性が高まります。

特に授乳中、妊娠中、または妊娠を希望する女性は、ビタミンやその他のサプリメントを摂取する前に医師に相談することが非常に重要です。特に、授乳中、妊娠中、妊娠を希望している人は注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました