健康的な生活習慣とは?

健康的な生活習慣とは?

この記事では、まず健康的な生活習慣を紹介しています。確かに、健康的な生活習慣は数多くあります。そこで、健康的な生活習慣の特徴を取り上げ、人生で最も重要なことは何かを思い起こしてみましょう。

人生で最も大切なこと

慌ただしい現代社会の中で、多くの人が人生で最も大切なものを忘れてしまっています。多くの人は、それらを失うまで、それらの価値を学ぶことができません。このように優先順位を正しく把握していないことが、今日の世界におけるうつ病の発生率の原因となっています。多くの人が、お金や実績があっても不幸だと思っています。彼らは何が足りないのかと考え続けています。その答えは、決して突飛なものではありません。生き方を忘れているのです。

ここでは、多くの人がおろそかにしている、人生で最も重要なことを紹介します。

愛する人たち

金持ちや有名人になりたいという願望は、多くの人々に、大切な人と一緒にいない頂点では孤独であることを忘れさせています。賞をもらった日には、友人や家族、そして自分の家族のことを思って泣いてしまう人もいます。

大切な人がいた。現実には、大切な人を事故で失ってしまう状況もあります。

しかし、場合によっては、私たちが自分勝手で、彼らのことを考えていないために、彼らが私たちのもとを去ってしまうこともあります。私たちは、自分の夢を追いかけることに忙しく、自分の人生の中で娘を二の次にしているのです。古代ギリシャ神話のミダス王は、この世にどんな宝があっても娘の代わりにはならないことを痛感しました。愛する人を失ってまで、そのことを理解する必要はありません。

幸せ

幸せは、多くの人が気づいていないが、人間の最大の追求である。夢を追いかけて生きたいと思うのは、幸せになりたいからなのです。悲しいことに、多くの人は欲しいものを手に入れても、その手に入れたものが欲しくないことに気づくのです。言い換えれば、幸せになれると思って大きな人生を追いかけたのに、目標を達成した後に空虚な気持ちになっていることに気づくのです。

プライベートジェットを持っていなくても、高価な服を着ていなくても、幸せになることはできます。大切な人との仲間意識があれば、それだけで幸せになれるのです。問題は、自分が持っていないもののために、自分を大切にしてくれない友人を持っている人が多いということです。しかし、何を持っていようと自分を愛し、尊敬してくれる人がいれば、幸せはシンプルなものの中にあることがわかるでしょう。

健康

世界保健機関(WHO)によると、健康とは単に病気にかかっていないことではないとされています。世界保健機関(WHO)によると、健康とは単に病気でないことだけではなく、精神的・社会的な生活も含めたものです。あなたの健康は、人生の質を高めるために非常に重要です。病気になると、幸せになったり、愛する人たちと一緒に楽しむことが難しくなります。だから、絶対におもちゃにしてはいけないのです。

あなたの仕事のスケジュールは、あなたの健康に対する配慮を少なくしてはいけません。自分の体を大切にしないと、すぐに「ストライキ」や「退去」をしてしまいます。自分の体は、手を出してはいけない大家さんなのです。尊重されることを望んでいるので、やるべきことをやっていないと失礼なショックを受けて目が覚めます。

健康は財産

多くの人は、上記の格言はほとんど決まり文句になりつつあり、妥当性を失っていると言います。しかし、この言葉が重要な真理であることに変わりはありませんし、この言葉を軽々しく扱うことは危険です。健康は富であり、それは疑いのないことです。少なくとも、富を築くためには健康が必要です。病気になったら、よほどのことがない限り仕事には行けません。軽い病気であっても、健康でなければベストを尽くすことは難しいでしょう。

さらに、成功を楽しむためには、健康でなければなりません。せっかくお金を稼いでも、そのお金を病気に使ってしまっては意味がありません。たまには病院に “遠足 “に行って、人生の教訓を学んでみてはどうだろうか。病院には金持ちがたくさんいて、命をかけて闘っている。お金はあっても、お金で買えない健全な健康を持っていないのです。

高価な食事を買えるからといって、それを買うべきだとは限りません。値段よりも、健康への影響を考えて購入すべきです。成功とは、自分が健康で、大切な人たちと一緒に楽しむことができて初めて価値があるものです。

健康的な生活習慣とは?

このセクションの最後に、健康的な生活習慣を見極め、破壊的な習慣を避けるために、健康的な生活習慣の特質を確認します。健全な習慣には、以下のような属性があります。

長い目で見れば、個人にとっても有益

健康的な生活習慣と言えるためには、長期的に見て有益なものでなければならないということを、ここで述べておきたいと思います。私たちは、短期的には欲求を満たすことができても、長期的には悲惨な結果になることがたくさんあります。例えば、喫煙は、短期的には気分を落ち着かせたいという欲求を満たします。しかし、最終的には肺などに影響が出てきます。

ですから、長期的に見て健康を維持できない習慣であっても、目先の利益に目を奪われてはいけません。将来のことを考えずに行動しても、結局は涙を流して後悔するだけです。

他人のためになる

自分にはメリットがあっても、他の人を傷つけてしまうようなことがあれば、それは良い習慣とは言えません。私たちは、自分の行動が周囲の人々にどのような影響を与えるかを意識しなければなりません。ある国の政府が産業界の活動を制限しているのはこのためです。景気を良くして大金を稼いでいるからといって、私たちの健康を害する自由があるわけではありません。

私たちは、自分の習慣を評価するときにも同じ原則を適用すべきです。例えば、乱れた性生活を送っていると、すぐに気持ちよくなれるかもしれません。しかし、それがパートナーに知られたとき、精神的に傷つくことになるでしょう。場合によっては、無防備なセックスで性感染症に感染させれば、相手に肉体的な影響を与えることにもなりかねません。

体と心の健康に役立つ

自分の行動が心身の健康にどのような影響を与えるかを考えることは、自分のためになります。心の健康に悪い影響を与える習慣があれば、それはやがて身体の健康にも影響を与え、その逆もまた然りです。つまり、身体的な健康に直接影響を与えない行動が、自分に合っているとは限らないのです。例えば、体に負担のかからない仕事をしていても、ある日突然、体に負担のかかる仕事をするように言われたとします。それにもかかわらず、自分の良心にそぐわない非倫理的なことをやれと言われたら、幸せにはなれないでしょう。

自分の活動が人を傷つけていることに気づけば、不満の感情はより強くなるでしょう。ネガティブな感情を持ち続けていると、体調管理にも影響が出てきます。例えば、気分が乗らないときは、食欲がわかないことが多いでしょう。例えば、気分が乗らないと食欲がわかず、運動したくなくなったり、結婚していればセックスを楽しみたくなったりするかもしれません。つまり、良い習慣とは、身体的な健康だけでなく、精神的な健康にもメリットがあるはずなのです。

タイトルとURLをコピーしました