健康とフィットネスの秘訣

健康とフィットネスの秘訣

健康的な生活は重要ですが、お金をかけなくても楽しむことができます。必要なのは、健康的な生活を送るための正しい情報だけです。この章では、簡単だけど効果的な健康法を紹介し、その方法を解説します。

メンタルヘルスへの配慮

人が怒ったり、イライラしたり、疲れたり、落ち込んだりする理由の一つは、長い間、活動していないことです。一方、活動的な人は、元気があり、気分も良く、生活全体が充実していることが多い。つまり、運動をする理由がなくても、運動が心の健康に与える影響を覚えておけば、流れを変えることができるかもしれません。一方、精神的に健康であることで、対人関係や仕事上の人間関係が良好になるなど、さまざまな連鎖的な影響があります。また、パフォーマンスを求められたときに、自分の能力を最大限に発揮するための土台にもなります。

一日の始まりは運動から

定期的な運動というと、ジムに通ったり、毎日25キロ走ったりしなければならないと思い込んでいる人が多いので、気が引けてしまいます。一方で、ヨガや水泳、ウォーキング、自転車など、活用できる軽いアクティビティは無数にあります。実際、子供たちと遊んだり、家の掃除をしたりすることも運動の一種です。つまり、体重の2倍の重さのスクワットをするまでは、活動的な生活を送ることはできないのです。1日の始まりに運動をして、1日の気分を整えましょう。

スプリントやウェイトリフティングなどの激しい運動は、週に3回程度にとどめておくことをお勧めします。多くても週に5回までにしましょう。残りの日は軽い運動にしましょう。このアプローチ

続けることができるようになります。それに、過度の激しい運動は筋肉に悪影響を及ぼします。

理想的な可動性と柔軟性の維持

本来であれば、20代の方が柔軟性が高いはずです。しかし、その時期に、5歳若かった頃と比べて、かなり柔軟性が失われてしまった人も少なくありません。そのような人は、4代、50代になったらどれだけきつくなっていたかと思うと、想像を絶します。朗報は、柔軟性に問題がある場合、状況を好転させることができるということです。その気にさえなれば、関節の可動性や柔軟性を高めることができます。少なくとも、つま先に触れることができるようにしましょう。そのためには、定期的な運動が必要です。

柔軟性と可動性のワークアウトの活用

運動能力や柔軟性を向上させるには、意図的にステップを踏む必要があります。そのために役立つワークアウトの方法があります。例えば、5〜10分程度のストレッチからトレーニングを始めることができます。この運動では、体の硬い部分を中心に行うようにしましょう。また、可動性や柔軟性を高めるためのトレーニングを行うこともお勧めです。

忙しくないときに行う。この方法であれば、ワークアウトを始めるたびに、より早く上達し、すぐにノリノリになることができます。

ストレングス・トレーニングとヘビー・リフト

重いウェイトを持ち上げるなどの筋力トレーニングには、体重を減らすためのさまざまな効果があることを証明する研究結果が次々と発表されています。筋力トレーニングは、エネルギーレベルを高め、体重を維持し、ブドウ糖の代謝を促進します。したがって、筋力トレーニングを行うべき理由は十分すぎるほどあります。なお、筋力トレーニングには、ケトルベル、ダンベル、バーベル、自重など、自分の好きなものを使うことができます。また、ジムに行けば、専門家がいるので安心です。

それに、同じようなことをしている人たちがいるので、刺激を受けてモチベーションが上がるでしょう。また、集中してトレーニングに取り組めば、家の中でもトレーニングができます。一緒にトレーニングをしてくれる友人がいれば、なおさらです。一緒にトレーニングしてくれる仲間がいれば、お互いに挑戦することができますし、競争相手が増えることで、さらに頑張ろうという気持ちになるでしょう。なお、友人はトレーニングの専門家である必要はありません。あなたと同じように健康を維持することに興味があれば、適切なパートナーを見つけることができます。

BMIのチェック

BMI計算機は、理想的な体重を計算することができる最良の方法の一つです。確かに、BMIは誤解を招く恐れがあると感じる人もいます。しかし、ステロイドによる不自然なほど巨大な筋肉を持っている人を除いて、BMIは理想的な体重を計算するのに十分な精度を持っています。BMIを時々チェックして、期間中にどれだけ体重が減ったか、あるいは増えたかを評価するとよいでしょう。体重が増えたり減ったりしていることが明らかになることはそうそうありません。鏡を見ても本当のことはわからないかもしれません。しかし、BMIをチェックすることで、自分の理想的な体重を把握することができます。

健康的な体重と体脂肪の維持

糖尿病や高血圧、心筋梗塞などは、誰もがかかりたくない病気です。しかし、現実には多くの人々がこれらの病気と共存しています。これらの病気のリスク要因の1つは、余分な脂肪をつけることです。そのため、体脂肪を維持するための活動を行うことは、自分自身のためになります。なお、筋肉を増強して体重を増やすことは、悪影響を及ぼす可能性があります。

余分な体重は、筋肉であれ脂肪であれ、関節によって運ばれなければなりません。そのため、特に年を取ってからは、長い目で見て関節の健康に影響を与えるようになるかもしれません。余分な体重を増やさないようにするのが得策です。

老後に影響が出ないように、若いうちに健康になっておきましょう。よりよい未来のために、今日の健康を維持しましょう。

バランスのとれた食生活

バランスのとれた食事とは、必要な栄養素が適切な割合で含まれている食事のことです。私たちの体は、その機能を十分に発揮するために、さまざまな栄養素を必要としています。どの食品群も体に必要であることに注意してください。摂取量に気をつければよいのです。栄養素の中には、少量しか必要とされないものがあります。微量栄養素」と呼ばれるものと、「大量栄養素」と呼ばれるものがありますが、どちらも体にとっては大量に必要なものです。健康を維持するためには、より多くの量を食べるべきものと、より少ない量で済ませるべきものを知っておく必要があります。例えば、たんぱく質を多く摂り、炭水化物を少なくすることです。

タイトルとURLをコピーしました