ワークライフバランス

ワークライフバランス

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)のパンデミックは、未曾有の大災害でした。人を殺し、愛する人を失った家族に計り知れない苦痛を与えただけでなく、多くの国の経済を崩壊させました。しかし、この災害は多くの人々に重要な教訓を与えました。この章では、その教訓の一つを詳しく紹介します。

ワーク・ライフ・バランスとは?

ワークライフバランスとは、個人がキャリアとプライベートの両方を最大限に生かすことができる均衡のとれた状態を指します。言い換えれば、個人的な人間関係を犠牲にすることなく、キャリアの階段を上ることができるようにするための取り決めのことです。この仕組みは、多くの利点があるため、急速に新しい標準となりつつあります。

パンデミックの影響で、多くの人が長い間欠けていたもの、つまりワークライフバランスを実感しました。多くの企業は、従業員に在宅勤務を求めざるを得ませんでした。しかし、多くの人がこのままではいけないと考えました。自宅で仕事をするということはワークライフバランスの観点から、ミレニアル世代に好まれる選択肢となっています。

Accel社とQualtrics社の調査によると、ミレニアル世代の66%が、リモートワークのために給料を減らしてもいいと考えているそうです。これは、多くの社員が、従来のチームでのワークライフバランスに悩んでいることを示しています。在宅勤務では、指定されたデスクで仕事をすることなく、プロジェクトを遂行することができます。だから、多くの企業がリモートワークを採用しているのは当然のことなのです。このアプローチにより、従業員の能力を最大限に引き出すことができるのです。

ワーク・ライフ・バランスのメリット

多くの人は、定年後にしか自分の好きなことができません。しかし、ワーク・ライフ・バランスをとっているため、働きながら人生を満喫している人もいます。以下に、このライフスタイルのメリットをご紹介します。

ストレスの軽減

スタンフォード大学のジェフリー・プフェッファー教授によると、職場でのストレスがアメリカ人の命を奪っているそうです。実際、アメリカでは5番目に大きな死因とされています。仕事のストレスとは、高い仕事の要求、仕事上での自律性の低さ、長時間の労働などの条件がもたらす結果を指します。その結果、生産性やモラルが損なわれます。

しかし、ウェルビーイングにも多大な影響を与えることがわかってきました。また、アメリカ人の4分の1は、仕事がストレスの主な原因だと考えています。ワークライフバランスは、ストレスを軽減し、生産性を高めるのに役立ちます。

明確な境界線

キャリアとプライベートのバランスが取れない理由の一つは、両者の間に明確な境界線がないことにあります。多くの人は、仕事を家に持ち込んだり、プライベートを職場に持ち込んだりしています。言い換えれば、多くの人は、職場で直面しているプレッシャーを持ち込むことで、プライベートな人間関係を悪化させているのです。また、職場の同僚に家庭の話をして、家庭ですべきことを同僚に迷惑をかけてしまうこともあります。ワークライフバランスは、2つの世界の最良の状態を実現するための境界線を作るのに役立ちます。

メンタルヘルスの向上

毎日、精神的に疲れるまで頑張るしかないと思っていると、やがて精神面にも影響が出てきます。まるで、生活のためにあらゆることをしなければならない奴隷のようです。ワークライフバランスが取れていないと、ネガティブな感情に左右されやすくなります。感情的に圧倒されているため、それらに対処するリソースが不足してしまいます。

身体的健康の向上

ワークライフバランスは、精神的な健康を向上させるだけでなく、身体的な健康も向上させます。仕事と私生活のバランスがとれていれば、リラックスして、より生産的な活動のための時間を作ることができます。また、自分で食事を作ることができ、健康的な食生活を送ることができます。また、健康的な睡眠習慣を身につけ、運動する時間を増やすことができます。これらの有益な習慣の産物が、健全な身体の健康です。

マインドフルネスを高める

働きすぎると、個人的な人間関係に支障をきたします。結婚していて子供がいる場合、配偶者や子供は、自分の仕事の方が重要だと感じるでしょう。子供が学校に行っているところを見に行ったり、子供にとって大切なことをしたりする時間はほとんどないでしょう。仕事と生活のバランスが取れていないことが、最初はうまくいっていた結婚生活が破綻し、最終的に離婚に至った原因の1つとなっています。

配偶者はあなたの注意を引きたいと思っているので、それが得られないと対処できないかもしれません。適度に仕事をしていれば、その場にいる時間を大切にできます。愛する人と一緒に座って、邪魔されずに楽しむことができるでしょう。

現代社会でのスローダウンの仕方

ワークライフバランスの利点を理解するだけでは不十分で、それをどのように取り入れるかを知っておく必要があります。以下に、そのためのヒントをご紹介します。

完璧主義を捨てる

完璧主義の傾向は、多くの成績優秀者が若い頃に身につけています。彼らは、自分自身に高いプレッシャーをかけています。

このような考え方は、大人になっても続いています。悲しいことに、多くの人がこのような考え方を大人になっても持ち続けています。自分の能力を発揮したいという気持ちが過剰になり、他のことをおろそかにしてまでキャリアの成功の階段を上ろうとするのです。A級の学生だった彼らは、今度はA級の社会人になりたいと思っています。このように必死になると、キャリアと私生活のバランスが取れなくなります。

デジタル機器の使用を減らす

テクノロジーの出現により、今日、人々は自分の仕事を家に持ち帰ったり、どこにでも持って行ったりすることが容易になりました。これは、企業が従業員に対してより柔軟性を提供できるという点で、大きなメリットです。しかし、問題は、自宅にいながらにして職場にアクセスできるため、境界線の引き方がわからない人がいることだ。配偶者や子供が注目しているときに、ラップトップで仕事をするのが好きな人もいます。愛する人と話すときは、ノートパソコンを閉じ、携帯電話を離すという原則を持ちましょう。

定期的な運動

定期的な運動がもたらす多くのメリットについては、多くの書籍や記事が書かれています。その重要性はほとんどの人が知っています。しかし、多くの人が

は、忙しいと排除する文化があります。メイヨー・クリニックによると、運動することで瞑想状態になり、体に落ち着きをもたらします。どんなに忙しくても、時間を見つけて食事をするのは大切なことだからです。あなたも運動をそのように扱うべきです。

優先順位を明確にする

あなたにとって最も重要なことを、重要度の高い順にリストアップしてください。このリストは誰にとっても同じものではありません。とはいえ、家族、健康、仕事は上位に来るはずです。このリストを見て、自分が時間を無駄にしている活動を認識する必要があります。ワークライフバランスに悩む人がいるのは、ソーシャルメディアに過剰な時間を費やしているからです。時間を無駄にしている活動を特定し、家族や仕事のための時間を確保するために、その活動を制限したり排除したりしましょう。

もっと委任する

委任することは、自分だけが得をするのではなく、他の人が成長し、より有能になるための余地を与えてくれます。キャリアウーマンのあなたは、自分の時間を大切にする必要があるかもしれません。

ご主人と一緒に、家庭での夕食作りのストレスを軽減するために、ご主人が家でお手伝いできることを少しずつ話し合ってみましょう。適切なアプローチでアイデアを提示すれば、多くの男性は喜んで協力してくれるでしょう。また、子供が大きくなったら、子供にも協力してもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました