ダイエットとリバウンド


ダイエットする人にとって、リバウンドは絶対に避けたいことのひとつです。

せっかく頑張って体重を減らして痩せたのに、リバウンドしてまた元の体重に戻ってしまったとか、ひどい場合には前よりも太ってしまったということは案外多く起こることです。

リバウンド現象を起こすホメオスタシス

このリバウンドという現象は、「ホメオスタシス」という体の機能によって起こります。

人間は、必要なエネルギーを食物などから得て、体の体温や水分量などを一定に保つことで生きていくことができるようになっています。

たとえば、寒いと感じれば体を震わせて体温を上げようとするし、体内の水分量が減ってくれば「のどが渇いた」と感じて水を飲みたくなります。運動してエネルギーを消費すれば空腹を感じて食べ物を食べたくなります。

これらは、全て体を一定の状態に保とうとするホメオスタシスの働きによるものです。

ダイエットするとき、食べないで体重を急激に落とそうとするとこのホメオスタシスが働き、体が「食べ物が入って来なくて体重がどんどん減ってるぞ!今度食べ物が入って来たらしっかり栄養を摂って蓄えておこう。」と準備をするのです。

そして、食事をしたとき、体がより多くの栄養を効率よく吸収してしまうために、体重が急激に増えて元に戻ってしまうリバウンド現象が起こります。

痩せ方が急激なほどリバウンドも激しくなる

地面にボールを落とすとき、その勢いが強いほど跳ね返る力も強くなるように、人の体も体重を落とすスピードが速いほどホメオスタシスの働きが強く出やすくなります。

痩せ方が急激なほど体がその急激な変化に危機感を感じることになるので、より激しいリバウンドが起こる可能性が高くなります。

それでは、リバウンドが起こらないようするにはどうすれば良いのでしょうか?

リバウンドしないダイエット方法

先ほどのボールの例えで言えば、ボールをできるだけ静かにそっと落とせばいい、ということになります。つまり、できるだけゆっくりしたスピードで痩せるようにすればいいのです。

一般的に、1ヶ月5%以内の範囲で体重を落としていけばホメオスタシスは働かず、リバウンドが起こりにくいとされています。 なので、ダイエットをするときは、逸る気持ちを抑えて、時間をかけて体重を落としていくようにしましょう。

基礎代謝量も落とさないように

一度痩せた体がリバウンドして元に戻らないようにするためには、基礎代謝量を落とさず維持するように気を付けることも大事なことです。

ダイエット中には適度な筋肉トレーニングも取り入れて、筋肉量を落とさないようにしましょう。

最近の投稿

楽天市場で販売されているローイングマシンの中で、自宅で使...
肥満または太り過ぎの人がダイエットをする理由はたくさんあ...
amazon.co.jp で販売されているローイングマシ...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
今回は、アルインコの3D振動マシン バランスウェーブNE...
腹筋を鍛えるのに、わざわざお金をかけて専用の腹筋トレーニ...

よく読まれている記事

今回は、乗るだけでダイエット運動や筋肉トレーニングができ...
ローイングマシンは老若男女に関係なく使える優れたフィット...
コンセプト2ローイングエルゴメーターは、世界中でプロ・ア...
ローイングマシンは、ローイング運動(ボート漕ぎ運動)によ...
ローイングマシンは、大変効率の良い有酸素運動ができるトレ...
ローイングマシンを使っていて、「こんなに頑張って運動して...
ローイングマシンは、様々な種類があるダイエット器具の中で...
ローイングマシンは、有酸素運動を行う上でも大変有効なダイ...
厚生労働省のホームページに次のようなグラフが載っています...
運動不足になりがちな私たちにとって、1日おきにでもトレー...

オンラインダイエットのプレズ<Plez>
日本最大級のオンラインフィットネスサービス『LEAN BODY(リーンボディ)』