スムージーを日常生活に取り入れよう

スムージーを日常生活に取り入れよう

スムージーを作れるようになることと同じくらい重要なことは、スムージーを日常生活に取り入れることです。

先ほど、野菜や果物を自然に摂ることを心がけるだけで、食生活が改善されるというお話をしました。もちろん、これは簡単な理屈で、野菜や果物をしっかり食べることができれば健康的な食生活をしているといえます。

スムージーは生活に取り入れやすい

しかし、実際は多くの人が十分な野菜や果物を食べることを日常生活に組み込むのに苦労しているという現実です。最初は頑張ってやっていても、仕事が長引いて残業したりすると夕食を作るのが億劫になってしまいます。同様に、ランチには加工されたサンドイッチを食べる時間しかないとしたら、健康的な食生活を崩す以外に選択肢はありません。野菜や果物を十分食べるのは難しいのです。

その点、スムージーは普段の生活に取り入れやすいので効果的です。

しかし、完全に簡単というわけではなく、時には「面倒くさい」「面倒くさい」「手間がかかりすぎる」と感じることもあるでしょう。特に、スムージーを作るだけでなく、スムージーメーカーを掃除したり、野菜や果物を調達したりと、準備に多くの時間と労力を費やしていることを考えると、それは高くつきます。

ここでの目的は、勝つための準備を整えることです。スムージー計画を継続する方が、ズルをしてスキップするよりも簡単だということを確認する必要があります。この章では、それを実現するための方法を紹介します。

スムージーメーカーを選ぶ

まず、自分に合ったスムージーメーカーを使うことで、自分の作業を最小限に抑えることができます。

スムージーメーカーといっても、スムージーだけしか作れない機器はありません。スムージーを作るには、ブレンダー、フードプロセッサー、ジューサーミキサーなどを使います。いずれにしても、パワフルなものを選んだほうが良いでしょう。

果物や野菜をどんな組み合わせで入れても(無理のない範囲で)壊れたり動かなくなったりしないしっかりしたものがいいですね。あとは、持ち運びができるボトル付きのもので、使いやすい、洗浄など後片付けのしやすいものを選びましょう。

幸いなことに、最近の機種ではこの点を考慮して、取り外しが簡単なブレードや、パルプに直接触れないブレードを採用しているものもあり、よりクリーンな状態を保つことができます。

もうひとつの便利な機能は、ブレンダーの上部を取り外して使えることです。ミキサーと水筒が一体化しているので、グラスを洗う手間が省けるのです。

忙しいときのスムージー作り

仕事などで忙しい場合は、週の初めにスムージーをまとめて作り、それを1週間かけて飲むという方法もあります。例えば、日曜日に大量のスムージーを作り、ボトルに分け入れて冷蔵庫に保存しておくという方法です。毎朝、ボトルを手に取るだけで、いちいち作る手間をかけずにスムージーを飲むことができます。

もう少し時間があるのなら、材料の野菜や果物を1日分ずつ小分けにして冷凍庫で凍らせておくという方法もあります。こうしておけば、冷凍庫からさっと出してさっとスムージーを作ることができます。

買い物に行く時間がない場合は、野菜や果物をオンラインで注文するのが便利です。ただ、時間に余裕があり、スーパーへ行って野菜や果物を購入できるのであれば、市場で買うのが一番です。経済的でもあるので、お近くに市場があればぜひ利用してみてください。

簡単スムージー

スムージーをより簡単に作る方法は他にもたくさんあります。例えば、ピュアなフルーツジュースを使えば手間が省けますし、ピューレや缶詰のフルーツを使うのもいいでしょう。

パイナップルやピーチ、クランベリーなどは特に便利です。なぜでしょう?パイナップルや桃、クランベリーなどは、皮を剥いたり、種を取ったりと、調理が難しい食材です。缶詰を使えば、やわらかくて混ぜやすい状態になっているので、すぐに使うことができます。

スムージーを購入

どうしても自分でスムージーを作る時間がないという人は、市販のスムージーに誘惑されてしまうかもしれません。時間をかけずにスムージーを手に入れるための良い方法でしょうか?

答えはイエスでもありノーでもあります。もちろん、自分でスムージーを作れば、材料をしっかりと管理できますし、コストも大幅に削減できるので、そのほうがいいに決まっています。市販のスムージーも一個一個ではそれほど高くはないかもしれませんが、やはり毎日のことなので、ひと月にすればけっこうな金額になってしまいます。

毎朝コーヒーを飲むのが習慣になっている人は、それをスムージーに変えれば、費用負担を増やさずに健康効果を得ることができるできますね。

市販のスムージーを買うことが楽しみであるならば買ってもいいでしょう。ただし、原材料の確認は十分に行ってください。新鮮な果物がたくさん入っていると詠っていても、砂糖や添加物などが使われてないとは限りません。よく調べてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました