スムージーの欠点と危険性について

スムージーの欠点と危険性について

しかし、その前に、スムージーにはいくつかの欠点やリスクがあることを知っておく必要があります。

この記事では、健康的でおいしいジュースを作るための材料、テクニック、コツを学ぶことができます。残念なことに、他の健康トレンドと同様に、ウェブ上には誤った情報を押し付け、スムージーの名声に害を及ぼす者もいます。

ジュースファスティングに注意

まず注意しなければならないのは、「ジュースファスティング」という考え方です。ここでは、スムージーを食事の代わりに使い、数日から数週間の間、ジュースだけで生きていくというものです。体内の毒素などを排出する「デトックス」や、脂肪を急激に減少させるのに適しているというのが謳い文句です。これは良いアイデアではありません。

デトックス

デトックスについては、これも恣意的な言葉であり、実際には意味を持たないということを覚えておいてください。デトックスが必要だとか、毒素が溜まっているという科学的な証拠はありません。

実は、私たちの体には独自の解毒システムがあり、人の手を借りずともうまく機能しています。病気でない限り、毒素が蓄積したり増えたりすることはありません。

ある研究では、研究者が「デトックスヘア製品」のメーカーに、そのシャンプーやコンディショナーが対抗できる毒素の名前を尋ねたところ、メーカーは適切な説明をすることができませんでした。

デトックスという概念は、直感的に理解できるので好きなのですが、実際には時間の無駄でしかありません。

糖分に注意

また、スムージーには糖分が多く含まれていることにも注意が必要です。しかし、糖分は必ずしも悪いものではありません。ここでは、スムージーに含まれる糖分を軽減する方法を紹介します。

しかし、食事から食品を取り除くと、スムージーの糖分や酸味から体を守る緩衝材がなくなってしまいます。スムージーだけの食生活では、胃の粘膜や歯にダメージを与える可能性が高くなります。

私は実際に「スムージー断食」を試した人を知っていますが、(私が反対したにもかかわらず)結局、歯のエナメル質がすべて失われてしまいました。たった1週間で2本の歯を失い、医者に行かなければなりませんでした。ですから、ジュース断食やその他のトレンドに飛びつく前に、じっくりと考えてみてください。

持続可能なダイエットなのか?

最後に考えなければならないのは、そのダイエットが持続可能かどうかということです。極端な断食をしてダイエットを始めようとすると、体に負担がかかり、通常の食生活に戻ることができません。つまり、体重が断食前に戻ってしまうだけで、何のメリットもないのです。また、このような長時間の断食を行うと、かえって脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

体内ではさまざまなプロセスが行われていますが、低血糖に反応してコルチゾールが大量に分泌されるのがその一例です。このコルチゾールは、脂肪生成(新たな脂肪の蓄積)を促します。また、コルチゾールは筋肉を破壊し(ミオスタチンの分泌を介して)、代謝能力を低下させます。また、テストステロンも大幅に減少するため、代謝がさらに低下します。

でも、糖分はちゃんと摂っていますよね?果物から?はい、でも単糖だけです。果物は血流への吸収が早いので、3つの大きなエネルギースパイクが得られることになります。

これではインスリン感受性が低下してしまいます。これでは、インスリン感受性が低下し、糖分が脂肪として蓄積される可能性が高くなります。

つまり、ジュース断食やスムージークレンズは避けた方がいいということです。むしろ、スムージー食生活に取り入れることに集中しましょう。

スムージーの糖分で体を壊さないようにする方法

スムージーにはたくさんの利点がありますが、同時にリスクもあることがわかりました。スムージーに含まれる砂糖の害を心配して、スムージーを食生活に取り入れるのを躊躇している人もいるかもしれません。

でも大丈夫。朝の習慣に適度な大きさのスムージーを1杯加えるだけなら、何の心配もいりません。特に、他の糖分を減らすようにしていれば、心配はありません。

歯が弱い方や砂糖に弱い方は、野菜のスムージーや低糖質の果物を選ぶのもよいでしょう。スムージーにはたくさんの種類がありますし、水を加えることでスムージーを薄めることもできます。レシピやヒントを見ていくと、平均よりも低糖質の選択肢が何種類もあることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました