より質の高い睡眠を得るためには

より質の高い睡眠を得るためには

睡眠のプロセスとその利点は、完全な本に値する。睡眠は、数多くの利点をもたらす身体の最も重要なプロセスの一つです。質の高い睡眠をとることは、軽々しく扱ってはいけない習慣です。

ここでは、回復力のある睡眠をとることで得られるメリットと、睡眠習慣を改善する方法を探っていきます。

回復力のある睡眠のメリット

回復力のある、良い睡眠習慣を身につけることで得られる特典をご紹介します。

ピーク時のエネルギーレベル

睡眠中の体の中では、多くのプロセスが行われています。例えば、寝ている間に体の中で多くの修理やメンテナンス作業が行われます。体は、あなたが活動していないと、自分の仕事を支障なく遂行することができません。そのためには、体に十分な時間を与える必要があります。そうしないと、目が覚めたときに疲れが残ってしまいます。しかし、時間通りに眠ると、「バッテリー」が完全に充電されたように感じられます。

その結果、日中の活動に必要なエネルギーを確保することができます。

パフォーマンスの向上

最高のパフォーマンスを実現するためには、エネルギーレベルの向上が欠かせません。よく眠れなかった場合、疲れやストレスを感じ、準備や最終的なパフォーマンスに支障をきたすことがあります。文章を書いたり、データを分析したりするような、精神的に難しい作業をしているときには、それが顕著に現れます。クリエイティブなアイデアが浮かばず、イライラすることもあるでしょう。大事な面接やプレゼンテーションがあるときは、十分な睡眠をとり、最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

充実した気分

多くの人が知らないことですが、睡眠習慣は心理的な健康に影響を与えます。日中に不満を感じたり、人生に価値がないと感じたりする人がいるのは、よく眠れなかったことが原因の一つだと言われています。睡眠不足で一日の始まりが悪くなると、日中にノリノリになることができません。期待通りのパフォーマンスを発揮できず、自分の人生に不満を感じるようになるでしょう。他人への対応にも影響が出て、さらに苦しい状況に陥ります。

質の高い対人関係

よく眠れないと、目覚めたときの気分が悪くなります。一方、不満を抱えているときは、友人や家族に良い返事をすることができないでしょう。確かに、感情をコントロールしてうまく付き合えるほど感情的に優れた人もいます。しかし、疲れているときに適切な言葉を発することが難しい人もいます。

ネガティブな反応は、あなたとあなたの大切な人との間に修復不可能な騒動を引き起こす可能性があることを覚えておいてください。ですから、「正しい眠りで目覚める」ことができるように、回復力のある睡眠をとるのが得策です。友人や家族との口論が増えたと感じたら、もっとリラックスして睡眠習慣を改善する必要があります。

免疫系の強化

体には、細菌の侵入から体を守る「兵士」がいます。この兵士たちは、免疫システムと呼ばれる体のシステムの一部です。このシステムが最高の力を発揮しているときは、どんな病気も体を攻撃することは非常に困難です。しかし、このシステムが弱ってしまうと、体は感染症にかかりやすくなってしまいます。

そのため、このシステムを高めることができれば、医者を遠ざけることができるのです。ありがたいことに、科学者たちは、良い睡眠の習慣が免疫力を高めることを発見しました。この発見は、米国睡眠医学アカデミーの研究者によるものです。この研究者は、質の高い睡眠がワクチンをより効果的にすると主張しています。

質の高いプロフェッショナル・リレーションシップ

穏やかで感情的な知性を持ち、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するため、よく眠っているからこそ、仕事上の人間関係を高めることができます。よく眠っていれば、雇用主や同僚とうまくやっていくことができるでしょう。

より良い睡眠を得るためのヒント

以下のヒントを活用することで、睡眠の質を向上させることができます。

就寝時間と起床時間を守る

体には、効率を上げたり、エネルギーを節約したりするために、自分の習慣に合わせる方法があります。寝る時間と起きる時間が決まっていないと、体の概日リズムが乱れ、その影響を受けます。寝たけど起きたら疲れていた、ということに気づく原因の一つになります。具体的な時間を決めて、体をその気にさせましょう。

1〜2週間かかるかもしれませんが、体が慣れてくれば、寝た後に元気が出てくるようになります。

部屋の中で明るい照明を使わない

朝、太陽の光を浴びると、体がそれを吸収して、元気が出てきます。エネルギーが高まることで、仕事をより早く、より効果的にこなすことができます。太陽が沈むと、体はまだ昼間だと思って警戒し、活動的でいようとするので、明るい光は避けるべきです。

体がまだ日中だと勘違いして活動的になり、時間通りに眠れなくなってしまうからです。そのため、部屋を暗くして体をリラックスさせ、時間通りに眠れるようにするのが得策です。

ベッドは寝るためにだけ使う

多くの人は、夜ベッドに入ったときに、本を読んだり、テレビを見たり、携帯電話を押したりと、さまざまな活動をする習慣があります。眠る準備ができていないことがわかっている場合は、ベッドに入らないでください。ベッドでの睡眠を拒否したことに体が順応して、眠らずに警戒を始めてしまうかもしれません。

眠る以外の活動はベッド以外の場所を使って行いましょう。眠らないのにベッドに飛び乗ってしまうと、体は眠るのかどうかわからず混乱してしまいます。

日中の昼寝は短く

日中に疲れや眠気を感じることがあるのは当然のことです。とはいえ、体に悪い影響を与えないように、その方法には気をつける必要があります。体調が悪いとき以外は昼寝をしないようにしましょう。どうしても寝なければならない場合は、15分から20分までにしておきましょう。やむを得ない場合でも、午後の遅い時間に寝るのはやめましょう。夕方に寝てしまうと、夜に時間通りに眠れなくなってしまいます。

体を休めて眠りにつく

なるべくストレス要因をベッドに持ち込まないようにしましょう。最も簡単な方法は、激しい活動をすべて日中に行うことです。そして、1日の終わりには体を休めて眠りにつくようにします。寝る前に激しい運動をすると、疲れて眠ってしまい、体にはよくありません。

そのような睡眠では、目が覚めたときに頭痛がします。軽い作業をして、寝るまでの時間をゆっくりと過ごし、起きたときにスッキリとした気分になるようにしましょう。

就寝前の習慣をつける

体は、一貫した手順を求めています。この事実を利用して、時間通りに眠る方法を体に教えてあげましょう。眠りにつく前にすることを用意しましょう。例えば、寝る前に温かいお風呂に入ったり、好きな曲やプレイリストを聴いたりすることです。

体がその習慣に慣れれば、あなたが儀式を始めれば、体は眠る準備を始めます。最良の結果を得るために、一貫性を持たせるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました