それって本当に花粉症?

それって本当に花粉症?

アレルギー性鼻炎(別名:花粉症)は、世界で約10~30%の人が罹患していると言われています。花粉やほこりに対するアレルギーで、目や鼻の粘膜にかゆみや炎症を起こします。鼻水や涙目は、この刺激的な状態の一般的な症状です。

花粉症自体は一般的に危険ではありませんが、未治療のままだとアレルギー性の喘息を引き起こす可能性があります。花粉症は他の病気と混同されることが多いので、自分の症状が花粉症によるものなのか、それとも他の病気によるものなのかわからない場合は、医師の診断を受けることをお勧めします。

風邪

風邪は、花粉症との区別がつきにくい病気です。どちらも似たような症状が出ます。くしゃみ、鼻水、咳などの症状は、風邪と花粉症の両方に当てはまります。

しかし、両者の原因は異なります。風邪の症状は、侵入してきたウイルスに対して体が攻撃を仕掛けることで起こります。風邪はウイルスを持っている人と一緒にいると感染しますが、アレルギーは感染しませんし、他の人からうつることもありません。

花粉症は、花粉やほこりなどの無害な物質を細菌と勘違いし、体がそれを攻撃することで免疫機能が過剰に働くことで起こります。自分の症状がアレルギーなのか風邪なのかわからない場合は、しばらく様子を見ることも必要です。咳や鼻水、くしゃみが2週間以上続くようであれば、風邪ではなくアレルギーの可能性が高いと考えられます。

花粉症も時間が経てば治るかもしれませんが、一般的には時間がかかりますし、季節性もあります。アレルギーの原因となるものに接触している間は、症状が続くことになります。

また、風邪の場合は、かゆみの症状が出ないことも特徴のひとつです。耳、鼻、口、喉にかゆみを感じる場合は、風邪ではなくアレルギーである可能性が高いと言えます。一方、他の症状に加えて痛みや発熱がある場合は、花粉症ではなく風邪の可能性が高いと言えます。

気管支喘息

喘息もまた、花粉症と混同されることがある疾患です。花粉症と喘息は全く別のものですが、非常に密接な関係があり、お互いに影響し合っているため、どちらかにかかった場合、どのように対応すべきかが決まります。

花粉症と喘息の両方を患っている場合、花粉症は適切にコントロールされなければ、ほとんどの場合、喘息を悪化させ、喘息発作を引き起こす可能性があります。花粉症の方は、必ず医師に相談し、花粉症が原因で喘息が悪化しないようにコントロールしてもらいましょう。

花粉症は一般的な病気であり、その治療方法は数多くありますが、花粉症の症状を抑えるためには、様々な方法があります。花粉症の症状は、他の様々な症状と混同されることがありますので、花粉症によるものなのか、それとも他の症状なのかを見極める必要があります。適切な治療を受けることで、花粉症を日常生活の中で最小限に抑えることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました