お腹痩せダイエットをするとき避けるべき5つの事

2018年2月1日ダイエット記事

お腹痩せダイエットをするとき避けるべき5つの事


お腹痩せダイエットをして、お腹に脂肪が付かないように気を付けることは、健康的な生活を送る上でとても重要です。

しかし、現代人は、栄養過多に加え運動不足になりがちで、油断をしているとすぐにお腹が出っ張ってきてしまいます。

忙しくてお腹痩せダイエットをする時間が持てない、という方が多いかもしれませんが、お腹痩せダイエットは、健康のために是非毎日続けたいダイエットのひとつです。

ダイエットには色々な方法がありますが、運動することによって筋肉を鍛えることは、日常生活での怪我の防止や新陳代謝、心肺機能の向上にも役立ちます。ダイエットの中でも、お腹痩せダイエットは体幹を鍛えるのにも役立ちます。

しかし、多くの方が、お腹痩せダイエットの重要性や正しい方法を理解していません。

お腹痩せダイエットは体の中心にある筋肉を使います。お腹痩せダイエットはウエストラインと斜筋、下背部の筋肉の引き締めにも効果があります。お腹痩せダイエットを行うときは体を柔軟に使い、腹部周辺の脂肪を減らすことを意識して行います。

お腹痩せダイエットの際に避けるべき事

以下の5つのことはやってはいけません!!

1.負担をかける腹筋運動

お腹痩せダイエットは無理なく効果的に行うことが重要です。お腹痩せダイエットの運動中は前後の動きが起こることによって腹筋がとてもよく使われ、筋肉により負荷がかかります。このとき避けるべきことは、能力を超えた運動や大きな負担をかける運動をしてしまうことです。

お腹痩せダイエットでは、負担のかかる運動をするは必要ありません。自分の体の能力や状態に合った運動を行うよう心がけましょう。

2.腹筋を鍛えるだけの運動

腹筋を鍛えることだけが体幹を鍛えるのに適している運動ではありません。他にも効果的な運動が色々あります。

例えばスクワット、ウェイトリフティング、ランジ、ランニングは全て体幹を鍛えるのにとても役立つ運動です。様々な運動と合わせてお腹痩せダイエットをしましょう。

3.腹筋運動専門クラスに参加する

腹筋運動だけのクラス、トレーニングに参加することが引き締まったお腹を得る方法ではありません。ランニングとバランスの取れた食事をするだけでも筋力の強化、維持につながります。なので、一日中腹筋運動専門のクラスに参加する必要はありません。

それよりも、様々な運動をバランスよく行うことが一番いい結果をもたらします。それに、このような運動は何時間も行う必要はなく30分程度で十分です。

4.トレーニングジムだけで腹筋運動をすればいいと信じる

正しいお腹痩せダイエットは、適正体重を維持するバランスの取れた食事をすることから始まります。トレーニングジムへ行けば自動的に体重を落とせるとは思わないでください。

良い腹筋運動は筋肉が柔らかくなりお腹周りの脂肪が減って初めて効果を実感できるものです。まずは自分の体と向き合ってからトレーニングジムで腹筋運動を行うようにしましょう。

5.腹筋運動に最適と広告されているダイエット器具に跳び付く

世の中には様々な腹筋運動を目的としたお腹痩せダイエット用のダイエット器具が販売されています。しかし、その全てのダイエット器具が本当にお腹痩せダイエットに効果的とは限りません。

広告で紹介されているダイエット器具をいきなり購入するのではなく、まずはそのダイエット器具が自分に合っているか?使いこなせるか?をよく考え、十分検討してから購入しましょう。