お腹痩せには充分な睡眠が不可欠

2018年10月30日ダイエット記事

2360076


お腹痩せを成功させるには、充分な睡眠を取ることが不可欠です。

最近の研究の結果、睡眠時間と様々な健康問題は、大きく関係していることがわかりました。

午後10時から午前2時を含めた7時間睡眠

すなわち、ダイエットや健康のためには、大人でも7時間程度の睡眠をきちっと取ったほうがよい、ということです。

また、睡眠を取る時間帯ですが、午後10時から午前2時の4時間は外してはいけないとされています。

なぜなら、この時間帯は、身体の新陳代謝が最も活発に行われ、身体の細胞の新生を促す成長ホルモンの分泌や、若さを保つ働きをするサーチュイン遺伝子の活動が活発になるとされているからです。

よって、午後9時から翌朝午前5時までの間で7時間眠るのが理想的な睡眠ということになるのではないでしょうか。

眠りの質や深さも大事

加えて、眠りの質や深さも大事な要素です。

良質の睡眠を妨げる可能性のある、仕事のし過ぎ、遊び過ぎ、お酒の飲み過ぎなどには充分注意しましょう。

良質の睡眠を充分に取らないと、成長ホルモンがきちんと分泌されないために肥満になりやすくなります。

睡眠は健康な免疫システムの働きに貢献していて、食欲のバランスを取る働きをするグレリンとリプティンという空腹感や満腹感を感じるホルモンを正常なレベルで働かせることに役立ちます。

様々な病気を引き起こす原因となる

また、睡眠時間が足りないと、通常は睡眠中には下がるはずの血圧が下がらずに高いままでいることが原因で、心臓に問題を起こす危険が高まります。

睡眠が充分でないとインシュリンの働きが悪くなり、糖尿病を引き起こす可能性も出てきます。

このように、睡眠不足は様々な病気を引き起こす原因となります。

せっかくお腹痩せダイエットを始めたのなら、必ず睡眠時間にも気を付けるようにしましょう。

私たちの現代生活は、24時間営業のコンビニやレストラン、そしてパソコンやスマートフォンなどのおかげで大変便利になりましたが、同時にそれらが睡眠時間が減る原因を作っています。

誘惑に負けないようにすることが大事です。

良質な睡眠のために

それでは、ぐっすり眠るにはどうしたらいいでしょうか?

それには、就寝前に快眠のためのルーティーンを確立して行うことです。

例えば、リラックスできるお茶や温かいミルクを飲むとか、さっとシャワーを浴びたり、歯磨きをしたり、本を少しの時間読む、などです。

このようなルーティーンを就寝前に欠かさず行うことで、心と身体がよりリラックスして眠る準備をすることができ、寝つきがよくなり、良質な睡眠を取ることができるようになります。

眠る際には、部屋を涼しく暗くしましょう。

そうすることで、メラトニンというホルモンがよく分泌されて良眠に導いてくれます。

お腹痩せダイエットを成功させるためにも以上のことに気を付けましょう。

寝姿勢抱き枕 MAMO 抱き枕 枕 まくら 姿勢クッション 寝姿勢サポート 背すじ 背筋 腰 首 肩 呼吸 安眠 質の良い睡眠習慣 あったか カイ..
寝姿勢抱き枕 MAMO 抱き枕 枕 まくら 姿勢クッション 寝姿勢サポート 背すじ 背筋 腰 首 肩 呼吸 安眠 質の良い睡眠習慣 あったか カイ..
5,060 円 (税込)
スタッフコメント 抱き枕として一人で使ったり、二人で普通の枕としても使えます♪ 身体にフィットした形状で、質の良い睡眠習慣をサポートしてくれます! 商品名 寝姿勢抱き枕 MAMO 材質 カバー:ポリエステル94%・ポリウレタン6% 側地・中材:ポリエステル100% 中芯:ポ..